マッチングアプリ

研究者の年収や給料はどれくらい?研究者と結婚したい女性は必見!

研究者の給料は専門性の高さから、一般的に年収は高いことで知られています。

この仕事は四年制の大学や大学院などを卒業していますので、仕事に就くまでかなりの自己投資をしています。

また研究者によって年収に差があるのも事実です。

ですから、研究者になってからの年収はとても重要になってきます。研究者の年収や給料についてご紹介します。

研究者との出会いが見つかるおすすめのマッチングアプリはこちら

 

研究者の年収や給料はピンきり

研究者といっても、様々な職業形態があり、それによって年収や給料は変動します。

まず、大学教授になった場合ですが、多くの国公立大学では研究者の給料や年収は決められています。大学によって多少変動しますが、助手や助教授で平均400万円〜600万円、講師や助教授で平均600万円〜700万円、教授で平均900万円〜1000万円です。

私立大学ではそれぞれの大学で年収が変わってきます。早稲田や慶応義塾大学になると、教授のポストは1000万円を超えてくることがあります。

研究所の研究員になった場合、大学とは違って、年収はそこまで高くありません。若い研究者の場合は年収200万円から300万円が相場です。しかし、研究所の部長や所長クラスになると、私立大学の教授ポストと同じくらいか、それ以上になります。

このように研究者の年収や給料は勤め先やキャリアにより、ピンきりだと言えます。

研究者と結婚したいのであれば、相手がどのような立場にいる研究者なのかをしっかりチェックした方が良いでしょう。

 

研究者の平均年収は約600万円?

研究者の年収は年代や性別によって変わってきます。

例えば民間企業の研究職ですと、想定年収は350万円から700万円になりますが、年収は男女によって異なる場合もあります。女性のほうが男性より100万円ほど低い場合があります。

年代による平均年収は20代で360万円ほどで、300万円を下回る年収の人が2割ほどいます。逆に500万円を上回る人も1割いますから、若いうちから差があるのが現状です。

30代になると平均年収は20代の頃に比べて、100万円ほどアップして、およそ470万円ほどになります。年収が1000万円を超える人が出てくるのも30代です。

40代になるとさらに年収が250万円ほど上がります。年収が1000万円を超える人が2割にまで増えます。

民間企業の研究職に関わらず、研究者の年収は年齢を重ねるにつれて上がっていく傾向があります。

 

研究者の年収は勤務先で変わる

研究者の年収は勤務先によって変わるので、一概には言えません。

大学の研究者の場合、ポスドク、助手や講師、助教授、准教授や教授などのポストによって大きな開きが出てきます。仕事内容も助手や講師の場合は研究者の仕事というよりは教授や学生のサポートの仕事がメインとなってきます。収入も准教授や教授に比べて低いのが現状です。学部や学科の教授のポストは限られていますので、ポストが空くのを待つことになります。

民間企業の研究職ですと、一般のサラリーマンと同等で年代によって開きが出てきます。

どこに勤めるかによって、年収に大きな開きが出てくるのが研究者という職業なのです。

大学の研究者だと給料が高い人は高いですし、低い人はすごく低い。
民間企業の研究者だとそれなりの年収。
という風に簡単に覚えておくとよいでしょう。

 

20代のポスドク時期は平均より低い

ポスドクとは博士号取得後に、数年限定で研究者として働くことを指します。博士員研究とも呼ばれるポスドクは博士号を取得した人の3割から4割の人が働いています。ポスドクの平均年収は300万円とですから、研究者の平均年収より低いものとなります。30代でも年収が300万代の人がいるのが現状です。

また、ポスドクは雇われ方によっても年収が変わってきます。任期付の常勤研究員として雇われる場合もあれば、パートタイマーとして雇われる場合があります。常勤研究員として雇われたら、組織の規定通りの給料をもらうことができますが、パートタイマーとして雇われると一般のアルバイトと大して変わりません。年収100万円を切るポスドクがいるのはこういった事情からです。

ポスドクは給料ではなくやりがいが一番の人向けの職業です。自分の専門分野が本当に好きだという人に向いているでしょう。

 

研究者の手当や福利厚生はどうなっているの?

民間企業の研究職として勤めた研究員の場合、一般のサラリーマンと手当や福利厚生は変わりません。民間企業によっては充実した手当や福利厚生がつく場合もあり、期待できるでしょう。

大学の常勤研究員として働いた場合、組織の規定通りの手当や福利厚生がつきます。ただし、パートタイマーのポスドクは手当や福利厚生が整っていない場合が多いです。

手当や福利厚生は勤務先によって変わります。

年収で差があるように手当や福利厚生も同じくらいの差があると考えるとよいでしょう。

 

外国の研究者のほうが年収は高め

日本の研究者より外国の研究者のほうが年収は多くもらえます。ただし、外国は実力主義なので、実力相応の給料をもらうことになります。実力がある人は高年収となるでしょう。外国では実力によって年収が違ってくるので、平均年収200万円の人もいれば、平均年収600万円の人もいます

例えばハーバード大学のポスドクは平均年収420万円程度、そしてマサチューセッツ工科大学の場合は平均年収400万円ほどです。日本のポスドクに比べたら平均年収は高いのが現状です。

日本では年功序列のシステムであるため、実力相応の給料をもらうことは難しいです。もし、実力に自信があるならば、外国で働くことも視野に入れていいでしょう。

ただほんの一握りなので、最初は国内で実績を出すよう目指すのが一般的です。

 

そんな研究者と出会い・結婚するためには?

研究者は日本中のどこにでもいます。ですので、大都市に住んでいなくても出会えるチャンスはあります。

民間企業の研究者は研究所の近くに住んでいます。研究所敷地内の寮に住む人もいます。民間企業の研究所は大都市の郊外や地方に多い傾向があります。研究のフェーズにもよりますが、地方の工場に常駐したりもします。

アカデミックコースの研究者はどの都道府県にもいます。それはどの都道府県にも国公立大学があるという理由からです。そこには独身の准教授や助手、ポスドクがいます。また、旧帝大のある都道府県にはアカデミックコースの研究者が多くいます。

民間企業や国公立大学の研究所が多く集まる都市はいくつかあり、茨城県つくば市や神奈川県厚木市、また、愛知県岡崎市や福岡県北九州市などです。

研究者と出会う方法として社会人サークルに参加する方法があります。研究者自身もなかなか出会いがありませんので、かなりの確率で所属している可能性が高いです。社会人サークルは転勤などで人の出入りが激しいため、一人で参加しやすい環境にあります。継続して参加することによって、研究者と自然と顔見知りになり親しくなれるでしょう。社会人サークルはネットで検索すれば出てきますし、自治体のスポーツ振興課や文化振興課に問い合わせてみるのも手段としてあります。

次に社会人向けの習い事に参加する方法があります。特に英会話教室はメンバーが毎回決まっていますので、自然と仲良くなれます。スポーツジムでもいいですが、なかなか接点を持つのに苦労するかもしれません。
最後に大学の一般向けのイベントに参加する方法があります。教授や准教授やポスドクなどがイベントの中心になって運営しています。質問などをすることによって、会話することができるでしょう。

サークルなどに所属したりしたけど、きっかけが掴めなかったり、研究員がいなかったという場合もあるでしょう。その場合は婚活サービスを使ってみるのが一番手っ取り早い方法と言えます。

婚活パーティーは結婚を意識した男女が参加しているイベントです。会話などのコミュニケーションをとりながら、理想の相手を探すことができます。中には、決められた時間で1対1で会話できる婚活パーティーもあります。お互いに結婚を意識しているので、スムーズに交際に進みやすいでしょう。

結婚相談所を利用するのも一つの手です。仲人が全部取り持ってくれるので、面倒なことは一切ありません。研究者に絞って、結婚相手を探すことも可能です。結婚相談所は30万から40万円かかるイメージを持たれて、敬遠されやすいのですが、最近は仲人のサポートを減らして、自分で婚活する分、安くなっている傾向があります。10万から20万円で利用できる結婚相談所も多いですので、研究者と出会いたいと考えているなら利用してみてもいいでしょう。

マッチングアプリを使ってみるのも一つの手段です。スマホ一台で条件に合った相手を探せるので、いつでもどこでも相手を探すことができます。マッチングアプリでは無料で気になった相手にアプローチを送ることができます。相手からアプローチが返ってくると、そこからは有料になります。マッチングが成立すると、メッセージのやり取りができるマッチングアプリが多いです。
研究者はシャイな人が多いので、メッセージのやり取りから始めてみるのもいいでしょう。マッチングアプリは無料登録でも相手の顔写真やプロフィールを見ることができるのでおすすめです。

特にマッチングアプリの中でも研究者との出会いが見つけやすいのはペア―ズです。

ペア―ズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の研究者を見つけやすくなっています。

まずはペア―ズの無料会員でどんな研究者の異性がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペア―ズの無料会員登録はこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント