マッチングアプリ

研究者と結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

研究者と結婚するとどんな生活が待っているのでしょうか。あまり想像がつかない方も多いのが実情です。

何も考えずに結婚してしまうと、思わぬデメリットがあって結婚したことを後悔してしまうかもしれません。

今回の記事では研究者との結婚生活、どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのか紹介していきます。

研究者と結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

研究者と結婚するとどんな生活になるの?

研究者との結婚生活は、研究者がどういう働き方をするかによって変わってきます

まず、大学に所属する場合です。大学院卒業後、そのまま大学の教員になれる研究者はわずかです。研究者の多くが博士研究員やポスドクと呼ばれる立場で大学で研究を続けることになります。非正規雇用になる場合が多く、一般のアルバイトと時給が変わらない場合もあります。助手や講師、助教授、教授の立場になれば待遇は良くなりますが、博士研究員やポスドクの立場の研究員と結婚すると生活は厳しいものになってきます。この立場の研究者は一般のアルバイトを掛け持ちする場合もあります。研究をつづけながらですので、非常に忙しい毎日になりますので、結婚生活でゆっくり二人の時間は取れないかもしれません。

一方、民間企業に勤める研究者の場合、研究開発職などに就き、研究所に勤務することになります。サラリーマンと同じ身分ですので、昇進やボーナスもあります。大学のポスドクよりも待遇は良くなりますので、結婚生活も安定するかもしれません。勤務時間も朝9時から夕方18時頃までになるので二人の時間も持つことができます。

 

研究者と結婚するメリットとデメリットは?

研究者と結婚するメリットとデメリットは何があるのでしょうか。ここではメリットとデメリットを3つずつ紹介していきます。

 

嬉しい3つのメリット

  • 年収はそれなりに安定
  • 真面目な性格
  • 海外へ行ける可能性

研究者と結婚するからこそのメリットがあります。順に解説していきましょう。

 

年収はそれなりに安定

民間企業に勤める研究者の年収はおよそ300万円から600万円です。一般の平均年収がおよそ400万円から500万円ですので、平均かそれより上の年収になります。ですが、最近はブラック企業化している職場も多く、毎日何時間も残業しても、一向にお給料が増えないということもあるようです。
高望みをしないならば、平均的な暮らしができるでしょう。

ただ、大学の博士研究員やポスドクという立場の研究者と結婚した場合は生活は苦しくなってくるかもしれません。アルバイトと同じ立場で働くことになりますから、民間企業の研究者の比べ、かなり年収は低くなります。研究者自身も仕事を掛け持ちする生活になるかもしれません。結婚を考えるならば、それなりの覚悟が必要です。

 

真面目な性格

一般的に研究者は真面目な性格をしていることが多いです。それに加えて、几帳面で勤勉家です。ですので、仕事には本当に熱心に取り組み、研究の事以外は考えていないのではないかというほどです。仕事を放り出して、フラフラするといった心配はないでしょう。

また、理系ですので、数字に強い場合が多いです。大きな買い物やローンの計算をしなければいけない時などの場合はとても頼りになります。
また、情報系や電子系の研究者の場合、パソコンなどの電化製品に強いので扱いに困ったときに頼りになるでしょう。

真面目な性格の研究者ですので、相手のことに尽くし、相手のことをちんと考えてくれる場合が多いです。浮気などする可能性も少ないですから、安心して結婚生活を送れることでしょう。

 

海外へ行ける可能性

出張や転勤で一緒についていくと海外に行ける可能性があります。出張についていけば、旅行ができます。海外好きにとって満足できる環境となるでしょう。また、海外で研究をする場合、長期の休暇を取得できる場合があります。普段、忙しい研究者とゆっくりコミュニケーションを取れる時間があります。日頃、なかなか話せないこともじっくりと話すことができるでしょう。

また、ビザが切れる心配することなく、海外生活を楽しむことができます。普通、観光ビザなど有効期限があるビザが多いですが、研究者のビザの場合、ビザが切れる心配をすることはありません。ゆっくり海外を楽しむことができます。海外での習い事も十分に楽しめますし、語学もじっくりと身につけることができます

 

苦労する3つのデメリット

研究者は結婚相手として魅力ある職業ですが、デメリットがあるのも事実です。

  • 研究者のポストにつけるか先行きが不安
  • 転勤の可能性がある
  • 家事育児へ協力してくれない

全員の研究者が当てはまるわけではありませんが、多い傾向にあると言われています。

結婚後の生活で後悔しないためにも、許容できる範囲なのかしっかりチェックしておきましょう。

 

研究者のポストにつけるか先行きが不安

ポスドクの研究者と結婚した場合、アカデミックポストに就けるかどうか、先行きが見えなくなります。お給料も一般のアルバイトと同じくらいですから、結婚生活も不安定なものとなります。研究者は収入よりも研究そのものにやりがいを見出していますから、企業へ就職を考えない場合も多いです。結婚生活として考えた場合、やはり不安が多いものとなります。

年齢が行けば行くほど、就職も難しくなってきますし、なかなかアカデミックポストにつけないとなると、結婚相手は不安が募ることになります。

ポスドクの研究者の夢を支えるという意気込みがないと、なかなか難しいでしょう。

ポスドクの研究者と結婚生活を送るにはそれなりの覚悟が必要です。

 

転勤の可能性がある

研究者は転勤が多い場合があります。転勤が海外になることもあり得ます。

海外好きや新しい土地が好きな人はいいですが、なかなかなじめない人には苦痛となることが多いです。

特に海外に転勤の場合、語学ができないと海外生活に苦労する場合があります。新しい土地に加えて、言葉の問題があると精神的にもきつくなってきてしまいます。

 

家事育児へ協力してくれない

研究者は常日頃から研究へ没頭する生活を送っています。帰りが遅くなったり、家でも研究を持ち帰ったりと、常に研究のことを考えています

そんな研究者ですから、家事はもちろんのこと、育児に協力してくれない場合があります。決して協力したくないわけではなく、彼らの頭の中は研究のことでいっぱいなのです。研究者と結婚したならば、家事はもちろんのこと、育児まで一人でしなければいけない可能性があります。負担が非常に大きくなるので、相手への不満も募るでしょう。相手の研究生活を支え、家のことは全部自分でやるといった覚悟が必要になります。その覚悟がないと、相手とぶつかってしまう可能性が高くなります。

 

結婚願望のある研究者と出会う方法

結婚願望のある研究者と出会う方法は3つあります。

  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所
  • マッチングアプリ

婚活パーティーとは結婚願望がある男女が20名ほど集まり、直接コミュニケーションを取りながら、相手を探せる場所です。決められた時間の中で1対1で会話をする形式が取られている婚活パーティーが最近では多いです。研究者限定での婚活パーティーではないので、婚活パーティーで研究者に巡り合えるかどうかはその時の運次第になりますが、直接、研究者と出会える機会になります。確実に研究者と出会える場ではありませんが、婚活パーティーは安価で参加できるので足繁く通ってみるといいでしょう。

結婚相談所は費用はそれなりにかかりますが、仲人が全てを取り持ってくれるので、一人で婚活するのに不安な方は利用してみるといいでしょう。研究者と結婚したいことを仲人に伝えれば、研究者の男性を探してくれます。特に研究所や大学の近くの結婚相談所を利用すれば、研究者の男性を紹介してくれる可能性が高まるでしょう。研究者はこれまで膨大な時間を研究に費やしてきたため、結婚相手を探すのが難しいと感じている場合が多いです。ですから、仲人が全て取り持ってくれる結婚相談所を利用する研究者が多いのです。大手結婚相談所ならば、会員数も多いですし、色々なタイプの研究者と出会える機会が多いです。

マッチングアプリとはインターネット上で結婚相手を探せるサービスです。スマホ1台で利用することができるため、多くの研究者が利用している可能性があります。マッチングアプリでは年齢や職業などの条件で相手を絞り込むことができます。気になる男性がいたら、メッセージなどでアプローチすることが可能です。相手からもアプローチが返ってきたら、マッチングの成立となります。それからは自由に連絡を取ることができます。メッセージのやり取りからスタートできますので、異性が苦手な研究者もやりやすいと感じているようです。初めての顔合わせでも、何回もメッセージをやり取りしているので話しやすいでしょう。気になる相手が見つかってから、料金が発生するので心ゆくまで相手を探すことができます。

 

研究者は出会いが少ないため婚活で見つけられる

一般的に人気がある職業は公務員や医者、弁護士などですが、研究者も陰ながら人気がある職業です。

ただ、研究者と出会える機会は普通の生活を送っているとそうそうはないでしょう。大学時代にお世話になった教授くらいしか研究者を知らないという方もいる場合が多いです。しかも、研究者と知り合っても既婚者だったり、結婚願望のない研究者の場合があります。

結婚願望のある研究者と出会うためには、婚活サービスを利用すれば簡単です。普段、研究者は研究に没頭する生活を送っていますので出会いがなくて困っているのです。そういう研究者が婚活サービスを利用しているので、婚活サービスを利用すると出会える可能性が高いのです。仕事の合間に婚活をする研究者もいますので、婚活サービスを利用することによって、研究者との婚活をすることができます。遊び目的の人がいるのではと不安になるかもしれませんが、日頃、忙しい研究者が遊び目的で婚活サービスを利用することはまずありません。

研究者が多い都市は茨城県つくば市や神奈川県厚木市、愛知県岡崎市や福岡県北九州市などで、その都市の婚活サービスなら出会える可能性がより高まります。ですが、研究者は日本どこでもいますから、その他の都市でも不安になることはありません。まずは婚活サービスを利用してみることをおすすめします。

一番おすすめなのがマッチングアプリです。マッチングアプリはスマホさえあれば出会いを見つけられるので、仕事で忙しい研究者も良く利用しています。
最初に無料会員から始められるので、まず最初に研究者との出会いを見つけるならマッチングアプリから始めましょう。

特にペア―ズは婚活に特化したマッチングアプリであり、結婚を強く意識した男性が多く利用しています。無料会員でも異性の顔写真とプロフィールをチェックできますので、まずはどんな研究者がいるのか確認してみましょう。

ペア―ズの無料会員登録はこちら

 

-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント