マッチングアプリ

経営者と結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

「社長と結婚したい!」このように思っている人もいるかもしれません。

「社長夫人」という言葉にあこがれを抱く人もいるでしょう。しかし経営者と結婚する場合、いい面もありますが悪い面・注意すべきポイントもいくつかあります。

経営者との結婚で得られるかもしれないメリットデメリット両方を理解したうえで、婚活を進めるのがおすすめです。

経営者と結婚して「こんなはずでは…」と後悔することのないように、以下で紹介する経営者との結婚生活についてしっかり認識しておきましょう。

経営者と結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

経営者と結婚するとどんな生活になるの?

経営者との結婚の中で、奥さんはいわゆる専業主婦としての役割を求められることが多いと思った方がいいでしょう。

というのも経営者ともなると、会社のビジネスに関して全責任を背負うからです。得意先との交渉なども社長が前面に出ていかないといけない場合も多いです。

ということは、普通のサラリーマンと比較すると社長は忙しいです。休日も何らかのビジネスを行っていることも珍しくありません。このように社長が仕事に集中できるように、家事は妻が行って全面的に支える必要があります。

経営者との結婚生活の中で「たまには旅行とかに連れて行ってほしい…」と思うこともあるでしょう。なかなかプライベートの時間をとってくれないことに、相手に対して不満を持つこともあるかもしれません。しかし上で紹介したように経営者は多忙です。そんな人と結婚する以上、プライベートな時間がある程度は犠牲になると理解しておくべきです。

 

経営者と結婚するメリットとデメリットは?

経営者と結婚することにあこがれを抱いて婚活している人もいるでしょう。確かに経営者と結婚することで、ほかにはないメリットを享受できるかもしれません。

しかしその反面、経営者だからこそのデメリット・問題点の生じる可能性もあります。そこでここでは経営者と結婚する前に、どのようなメリットデメリットについてみていきます。

 

嬉しい3つのメリット

経営者と結婚するメリットについて、まずは見ていきましょう。

  • 金銭的に余裕ができる
  • お金の使い方を近くで見れる
  • うらやましがられて優越感に浸れる

経営者と結婚したいと思っている人は、以下で紹介するメリットについて、薄々感じているかもしれません。社会的なステータスが上がる、経済的な余裕が生まれるといったことがメリットとして期待できます

 

金銭的に余裕ができる

経営者と結婚するメリットの中でも、多くの人がイメージするのが金銭面でしょう。経営者=お金持ちと思っている人もいて、その経済力にあこがれている女性も多いです。

しかし経営者といってもどの程度の稼ぎがあるかは、会社の規模や事業内容によって変わってきます。しかしいろいろな調査を見てみると、大体の経営者が年収数千万円稼いでいるのは事実です。小規模な会社を経営している人でも、大体1000万円前後の年収があります。全業種の平均年収が400万円そこそこといわれていますから、倍以上の収入を稼いでいる人が多いわけです。

しかし経営者と結婚するときに注意しなければならないのは、固定給ではない点です。事業の良し悪しによって収入の変わってくる可能性があります。業績が悪化した際には、もしかすると自分の給料をカットして会社経営を安定させる判断を強いられることもあり得ます。このような経営者が悪くなっても夫を支える覚悟は必要になってくるでしょう。

 

お金の使い方を近くで見れる

経営者と結婚するメリットの中の一つに、お金の使い方を目の当たりにできることも挙げられます。

会社の中心を担っている経営者と結婚するわけですから、企業のお金の出入りなどもつぶさに見られます。

業績や収益がどの程度あるのか、人件費などのコストがどのくらいかかっているのかなどもより深く知ることができます。このノウハウがもしかすると今後生かせる可能性もあります。

小さな会社の経営者の場合、奥さんも会社に入って経理などの仕事をすることもあります。そうすると、会社の金銭面の流れについてより深くかかわっていきます。なかなか普通の人生では体験できない、企業経営のノウハウを触れられます

経営者と結婚して、後々自分自身が経営者として会社の切り盛りをするパターンも決して珍しくありません。

 

うらやましがられて優越感に浸れる

経営者と結婚するメリットの中でも「社長夫人」になれるのも捨てられないところです。結婚して社長夫人になれば、今までよりも社会的なステータスが上がったような気がします。例えば学生時代の同窓会に出席した際に、社長夫人になったと言えば、周りの人からうらやましがられる可能性も高いです。そうやって優越感に浸れるところもメリットといえます。

また社長夫人となると、付き合いの対象も変わってくるでしょう。何か業界のパーティなどがあったときに、経営者夫婦連れだって出席する場面も多くなります。そうすると業界の実力者やほかの経営者、その夫人との交流も生まれます。同じく社会的ステータスの高い人と交流することで、何か刺激を受けられるのもメリットです。

 

苦労する3つのデメリット

このように経営者と結婚することで、いろいろと得られるメリットはあります。

  • 急にお金がなくなるリスクも高い
  • 世間からの嫉みが少なからずある
  • 価値観の違いでうまくいかないことも…

しかしその反面、経営者と結婚したからこそ生じるデメリットもあります。デメリットを理解しておかないと想定外の苦労を強いられる、最悪その苦労に耐えられなくなって離婚といった事態も想定できます。メリットだけでなく、デメリットを3つ紹介します。

 

急にお金がなくなるリスクも高い

先ほども紹介したように、経営者の場合社員と違って給料制ではないです。業績に応じた報酬をもらう形になります。ですから事業が順調であれば、高収入を得られる可能性が高いです。

しかしもし業績が悪化すれば、それまでの収入がダウンしてしまう恐れもあります。またもしかするといろいろと対策を講じたけれども、会社をたたまざるを得なくなることもあり得ます。もしくはほかの経営陣と対立して、会社を辞めざるを得なくなることも考えられます。

つまりある時いきなり社長でなくなって失業者になる、収入がゼロになってしまうこともあり得ます。さらに中小企業の経営者の場合、融資を受けるにあたって連帯保証人となっているケースも多いです。会社が経営破綻・倒産すると、経営者が負債を背負うことになって自己破産、持っている財産をほとんど持っていかれるような事態も考えられます。金銭的なリスクもあることを頭に入れておかないといけません

 

世間からの嫉みが少なからずある

メリットの面で紹介しましたが、社長夫人といわれると、周りがうらやましがるかもしれません。しかしそれがマイナスの方に作用することもあり得ます。

つまり妬み嫉みの対象になる可能性があるわけです。例えば学生時代の友人のようなそれまで親しくお付き合いをしてきた人から、お誘いが少なくなることがあるかもしれません。

住んでいる世界が違うと思われてしまって、何か誘いにくいと相手が思う可能性は十分あります。また妬み嫉みによって、いろいろと知らないところで陰口を言われる可能性も考えられます。このように今までの人間関係が大きく変わってくることもあり得ます。このような周辺環境の変化に対応できるか、耐性があるかなども経営者と結婚するにあたっての適性のポイントになるでしょう。

 

価値観の違いでうまくいかないことも…

経営者と結婚するにあたって注意しなければならないのは価値観の違いです。どの経営者もそうだとは言いませんが、多くの人が両極端な性格を持ち合わせています。

すなわち論理的に物事を考える側面がある一方で、時に大胆な行動をとる点です。事業を継続させるためには、出たとこ勝負のようなことは絶対にやってはなりません。論理的に物事を考えます。しかしその一方で、既存の考え方にとらわれない自由な発想を持っている人も多いのが経営者の特性です。

ですからいつもは冷静沈着に考えて行動するのに、時として「勝算あり!」と思えば大胆な勝負に出てくるギャンブル的な動きのように見えることもあります。このような両極端に見える言動を繰り返すことで、パートナーが振り回されることもあるかもしれません

女性の中には「経営者と結婚すればお金がある、自由に使える」と思っている人もいるかもしれません。確かに女性に対してお金に糸目をつけない人もいるでしょう。しかし多くの経営者を見ると、金銭感覚はシビア、倹約家という傾向があります。会社の経営を続けるにあたって、キャッシュフローはシビアにチェックする必要があります。その感覚は家庭にも持ち込まれる可能性があります。倹約家といっても決してケチではないです。先ほども紹介したように「勝算あり!」「ここ勝負!」と思ったときにはお金をどんと使う豪胆さも持ち合わせています。このような金銭感覚についていけないと、夫婦間でもめる可能性があります

 

結婚願望のある経営者と出会う方法

独身の経営者を見てみると、仕事だけでなく恋愛に関しても勝負と思えば、どんどんアグレッシブに動く傾向があります。ですからアンテナを張っていれば、十分出会いを見つけられる可能性があります

もし知人や友人に経営者がいれば、その人に紹介してもらうのも一つの方法です。経営者はほかの経営者とネットワークを持っていることが多いです。ですから結婚願望のある経営者を紹介してもらって、出会いのセッティングをしてくれることもあります。

また経営者の中には店舗経営をしているケースも見られます。この場合、経営者自らお店に顔を出すことも十分あり得ます。ならば、そのお店に通い詰めてみるのもいいでしょう。そこで経営者と顔なじみになって、仲良くなってお付き合いに発展する可能性も十分あります。

 

経営者は出会いが少ないため婚活で見つけられる

経営者の中には「こんなに素敵な人なのにどうして独身?」という方も少なからず見られます。

その理由として、仕事に没頭する余りというケースは多いです。仕事に専念した結果、出会いのチャンスを逃して気が付いたときには周りはみんな結婚しているのに自分だけ独身…ということもあり得ます。

このような経営者の中には事業に余裕ができると、結婚相手を求めることも珍しくありません。このような経営者の中にはマッチングアプリや婚活パーティに参加していることも少なくありません。婚活サービスに登録すれば、経営者の出会いのチャンスを高めることも十分可能です。

マッチングアプリはスマホ1台で出会いを見つけられるため、仕事で忙しい経営者でも利用しやすい婚活方法となっています。

経営者は時間を無駄にしないよう行動している人が多く、片手間で結婚相手を探せるマッチングアプリを使っている経営者は珍しくありません。

特にペアーズは婚活に特化したマッチングアプリであり、経営者も利用しています。無料会員でも異性のプロフィールをチェックできますので、まずはどんな経営者がいるのか確認してみましょう。

ペア―ズの無料会員登録はこちら

 

-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント