マッチングアプリ

デザイナーになるにはどうすればいいの?デザイナーになる方法をまとめてみた

デザイナーという職業はなんとなくわかるけれども、彼らはどうやってなったのか気になる人はいませんか?

確かに他の職業と比較して、デザイナーになるにはどうすればいいのか一般にはよく見えてこないところがあります。

デザイナーになるために彼らはどのようなことをしてきたのか、以下で詳しく見ていきます。デザイナーになりたい方、結婚を検討している人はぜひとも参考にしてみてください。

 

デザイナーになるには業種によってさまざま

「デザイナー」という言葉で片付けられてしまうことも少なくないですが、実はデザイナーの中にもいくつかの職種があります。

一般的なイメージだと、デザイナーというとファッションデザイナーをイメージするかもしれません。

しかしそのほかにもいろいろな職種があります。例えばグラフィックデザイナーという人もいますし、宝石のデザインを専門的に取り扱っているジュエリーデザイナーとして活躍している人も見られます

どの分野のデザイナーを希望するかによって、なる方法も異なってきます。

 

それぞれのデザイナーになるための方法

以下ではデザイナーになるには?その方法について詳しく見ていきます。

先ほども紹介したようにデザイナーといってもいろいろな職種があり、なり方も変わってきます。

ここではファッション・グラフィック・ジュエリー・カー・家具・雑貨それぞれのジャンルにおけるデザイナーになるにはどうすればよいのか紹介します。

 

ファッションデザイナーの場合

デザイナーといわれると、ファッションデザイナーをイメージする人も多いかもしれません。

ファッションデザイナーになるためには、まずはアパレルメーカーに就職するのが一般的です。ただしデザイナーとして就職するためには、ある程度専門的な知識・スキルがないと採用は難しいです。そこで日本各地にファッションデザインについて勉強できる専門学校が開校しています。ここで基本的な知識・技術について身につけましょう。有名な専門学校を卒業していれば、アパレル産業に就職できる可能性も高まります

またファッションデザイナーの中には、世界的に著名な方もいます。現在デザイナーとして活躍している人の中には、このような有名デザイナーに弟子入りして、ノウハウを学んだという人もいます。ただしこの方法ですが、確実ではないです。また弟子が多すぎると、マンツーマンでの指導を受ける機会に恵まれません。弟子入り期間中はまともな給料ももらえないなど、下積み生活を強いられるかもしれません。「デザイナーになるんだ!」という強い意志がないと難しいでしょう。

 

グラフィックデザイナーの場合

グラフィックデザイナーになるには、広告代理店や広告制作会社に就職するのが一般的なキャリアスタートの方法です。

グラフィックデザイナーになるにあたって、特定の学歴・資格は問われません。しかしグラフィック関係の専門学校を出たほうがいいでしょう。

専門学校では、デザインの基礎知識やグラフィック作成ソフトの使い方について学習できるからです。専門学校のほかにも、芸術系の大学や短大でも学習できるところがありますので、チェックです。

グラフィックデザイナー関係の資格を取得するのもおすすめです。アドビ認定エキスパートやDTP検定など必須ではないですが、取得しておくとスキルの証明になります。

 

ジュエリーデザイナーの場合

ジュエリーデザイナーになるには、ジュエリーメーカーやデザイン会社に就職するのが一般的です。

このようなところに就職するためには、宝石に関する通り一遍の知識をマスターしたほうが有利です。そのためには、芸術系や美術系の大学・短大に進学するのがおすすめです。

その他には日本各地にジュエリーデザインを教えてくれる専門学校もありますから、こちらに進学するのもおすすめです。宝石や貴金属の知識やデザインの技術、ジュエリーの制作技術などを学習できます。

ジュエリーメーカーなどに就職して実績を積み重ね、自信がつけば独立してフリーランスとして活躍している人も見られます。

 

カーデザイナーの場合

カーデザイナーになるには、別に国家資格や民間資格の取得が必須といった条件はありません

一般的には自動車メーカーもしくはカーデザイン事務所に就職することでキャリアスタートします。この時に専門知識・スキルの持っていることを証明する必要があります。そこで工学系の大学や自動車系の専門学校に進学するのがおすすめです。

プロダクトデザインやインダストリアルデザインなど、今後カーデザイナーとしてキャリアアップするために必要な基礎を学べるからです。

カーデザイナーになるにあたって、学生時代に自動車メーカーのインターンに参加したという人は結構多いです。就職する前に実際に仕事をすることで、適性があるかどうか、どんな雰囲気の中で仕事をするのかなどを学習できます。また自動車メーカーの方に顔を売れるという意味でも参加するのはおすすめです。

 

家具デザイナーの場合

家具デザイナーになるためには、インテリア関係の専門学校などに進学して必要な知識・スキルを学ぶことが何よりも重要です。

そして就活を始める前に資格取得をするのがおすすめです。家具デザイナーとして必要な能力を持っていることの客観的な証明になるからです。

インテリアに関係するようなインテリアコーディネーターやカラーコーディネーター、インテリアプランナーなどがおすすめです。

その他にもこれからの高齢化社会を考えると、福祉住環境コーディネーターなども強みを発揮するかもしれません。これらの資格は家具デザイナーになるために必須の資格ではないものの、採用試験では有力な武器になります。

 

雑貨デザイナーの場合

雑貨デザイナーになるためには、就職先は雑貨メーカーもしくは雑貨を取り扱っているインテリアブランドになるでしょう。そのためには、大学や短大、専門学校でデザインに関する勉強をしておくことがおすすめです。

資格取得は必須ではないですが、持っていると就職のときに有利に働きますし、就職後の仕事でも役立ちます。特にデザインソフトやイラストレーション系のソフトの使いこなせること、関連する資格を有していることは大きなアピールになりえます。

 

未経験からデザイナーになることはできる?

デザイナーの採用試験を見てみると、経験者の方が優遇される傾向のあるのは事実です。やはりいちから教えるのではなく、即戦力の人材の方が使い勝手がいいからです。

しかし一方で、未経験でデザイナーになるのが無理かと言えばそうではないです。未経験者、新卒の方を採用しているところも見られます。

職種別にみてみると、グラフィックデザイナーのようなIT関係のデザイナーの場合、未経験者でも採用される可能性は高いです。IT業界はまだできて間もない世界です。ベンチャー企業や中小企業が中心で、人材不足の状況に陥っているところも結構あります。このため、未経験者でもとにかく仕事を手伝ってほしいと思うところも結構あります。

そのほかのデザイナーに関しては、新卒であれば未経験でも採用してくれるところはあります。しかし中途採用となると、もっぱら経験者を対象にした案件が中心です。未経験でデザイナーに転職するのは決して簡単な話ではないと思った方がいいでしょう。

 

デザイナーに向いている人はどんな人?

ほかの職種同様、デザイナーにも向き不向きがあります。もしこれからデザイナーになろうと思っている人がいれば、ある程度自分には適性があるかどうか見極めたほうがいいでしょう。

まずコミュニケーションスキルは必要になります。その中でも話し上手よりは聞き上手の方に適性があるでしょう。というのもデザイナーの仕事はクライアントから受注して、相手の要望を聞きながらデザインしていくからです。このため、相手がどのような出来上がりをイメージしているのか、自分のデザインによってどのような効果を期待しているかを的確に把握する必要があります。そのためにはしっかり打ち合わせをして、相手のイメージを共有する必要があるわけです。

その他には忍耐力も必要になるでしょう。時として自分の作った作品についてクライアントが納得してくれない場合もあります。その場合には何度もやり直しをしていかないといけなくなるかもしれません。また相手がデザインのことに詳しくないことも多く、こちらとしてみれば無理難題を押し付けられることもあり得ます。そのような場合でも相手を粘り強く説得して現実的な着地点を見出すことも必要になるでしょう。このように忍耐力の求められる仕事でもあります。

 

デザイナーはクリエイティブでやりがいはある

デザイナーの仕事というと華やかなイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし実際のところ、クライアントの要望に応えるために何度も作品を作り直すこともある大変な職業です。

ただし全体的に見れば、デザイナーの仕事は相手の要望を形にするというクリエイティブな仕事でやりがいのある職業といえます。

「さっきの作品、よかったよ」のように直接評価を受けられますので達成感も得やすいです。また将来的には独立して、高収入を稼げる可能性もあり、夢のある商売と言えるでしょう。

ただ実力がないとそのまま落ちて行ってしまうところもあるため、半ば実力主義なところはあります。一般的な会社員と比べると安定度は薄いかもしれません。

特にフリーのデザイナーとして働くのであれば、一度落ちてしまうと復帰するまでは大変です。デザインの仕事が本当に好きでもうまくいかないひとがいるくらいですので、デザイナーとして食べていくのはそれ相応の覚悟が必要と言えるでしょう。

それほど厳しい環境だからこそ、やりがいはあると感じられるのかもしれません。

 

デザイナーへ転職するためにはどうすればいいの?

もしあなたがこれからデザイナーへ転職したい場合は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

デザイナーを募集している企業は多く、様々なデザイナーの募集が行われています。

なかでもデザイナーとして転職するための求人探しは大手のリクルートエージェントがおすすめです。

転職サイト最大手のリクルートエージェントでは様々な求人情報を網羅しているため、デザイナーの求人を多く取り扱っています。特に未経験者歓迎の求人も多いため、転職してデザイナーになりたい人向けの求人が多いといっても過言ではありません。

デザイナーへの転職を考えたい場合は、まずリクルートエージェントへ登録して、どんな求人があるのかチェックしておくようおすすめします。

デザイナーの求人が見つかる転職エージェントはこちら

-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント