マッチングアプリ

商社マンの年収や給料はどれくらい?商社マンと結婚したい女性は必見!

商社マンは年収が高い、というイメージを何となく持っている方は多いでしょう。

しかし、実際に商社マンと結婚した方でなければ、その実態は分からないものです。

商社マンと結婚したいと思っている方であれば、本当に年収が高いのか、具体的にはどのくらい見込めるのかを知りたいと思うことでしょう。

結婚にはもちろん愛が重要ですが、実際問題として、安定した収入というのは結婚生活で欠かせないものです。

結婚してしまってからイメージと違ったとがっかりすることがないようにしなければなりません。

ですから結婚する前に、商社マンの年収がどのくらいなのかは知っておく必要があるのです。

高年収の商社マンとの出会いが見つかるおすすめのマッチングサイトはこちら

 

商社マンの年収や給料はかなり高め

結論から言うと、商社マンの年収・給料はイメージ通りにかなり高めとなっています。

というのは、商社マンの従事している仕事が勤務する商社にとってなくてはならないものだからです。

商社マンはいろいろなものを取引することを仕事にしています。

食品や自動車、精密機械のパーツなど、取引する品物は会社によって異なりますが、商社マンは売り手にも買い手にもメリットが生まれるように契約を取り付けなければなりません。

取引をしていく中で数億円、数十億円という巨額の契約をするやり手の商社マンもいます。

相手との交渉をして、自社の利益を上げられるような大きな契約を取りつけるためにはかなりの手腕が求められる仕事であり、それに対する対価は非常に大きくなっていくのです。

もちろん会社によっても商社マンの年収は大きく異なりますし、待遇も異なってくるでしょう。

それでも平均的なサラリーマンの年収と比較すると、比べ物にならないくらい高いと言えるのです。

 

商社マンの平均年収は1,000万超えが当たり前?

では実際、どのくらいの収入を商社マンは得ているのでしょうか。

商社マンは20代で600万円から800万円程度、30代になれば年収が1000万円を超えてくることも珍しくありません

全国の平均年収は20代が300万円前後、30代は450万円程度となっているので、その2倍前後の収入を得ているということになるでしょう。

大手商社での平均年収は1200万円〜1400万円です。やり手の商社マンであれば、30代の前半ですでに1000万円を超える収入を得ていると言われており、40代にもなれば平均1200万円を見込めるほどです。

これに加えて各種福利厚生がプラスされてくるので、結婚後も安定した生活を築けることはほぼ間違いないでしょう。

 

商社マンの年収は勤務先で変わる

ただし商社マンすべてが1,000万円程度の年収を得られているというわけではありません

商社マンの年収は、勤続年数や役職だけでなく、勤務先によっても大きく異なります

いわゆる大手の商社に勤務している商社マンであれば、大半の方が1000万円を超える収入を得ているでしょう。

とくに総合商社は年収が高くなる傾向があり、平均年収でも1000万円を優に超えているとされます。

これは大手商社の子会社に勤務している商社マンも同様です。

しかし地域にある商社や独立系の専門商社になると、平均年収がグッと下がってしまいます

地域商社などでは30代の有能な商社マンであっても年収は700万円前後です。

大手に勤める商社マンと比べると見劣りしてしまうかもしれませんが、一般的なサラリーマンと比較すれば1.5倍くらいの年収を得ているわけですから、やはり商社マンは年収が高いと言えるでしょう。

 

総合商社の年収は高め

商社マンの勤め先の中でも、もっとも高額の年収を見込めるのが総合商社です。

総合商社とは、貿易を行って商品を売買する企業の中でも、特に多くのサービスや商品を取り扱っている会社を指します。

日本国内には7つの大きな総合商社があると言われていますが、そこに勤務する商社マンの年収はずば抜けて高くなっているのです。

総合商社で働いている多くの商社マンが年収1000万円以上を得ています。

平均年収が1100万円前後となっており、20代から働き始めて30代になる頃には年収が1000万円以上になっているというのが一般的なのです。

大手に勤務する商社マンは生涯年収が4億円から5億円にも上るという調査結果もあるので、普通のサラリーマンと比べると途方もない年収を得られるということになるでしょう。

 

専門商社の年収も平均より高い

商社マンとしては総合商社がもっとも年収が高くなりますが、専門商社であっても年収が高くなるでしょう。

専門商社とは、総合商社とは異なり、ある特定の分野の品物を扱っている商社のことです。

例えば自動車部品を扱っている専門商社は自動車の部品に特化した取引を、船舶部品の専門商社なら船舶の部品を取引していきます。

実際に商社と呼ばれる企業のほとんどは専門商社であり、日本国内では7つの大きな総合商社以外はほぼすべて専門商社なのです。

専門商社に勤務する商社マンの年収は30代で700万円くらいだとされます。

総合商社の商社マンの平均年収が1000万円を超えると聞くと低く感じますが、30代サラリーマンの平均年収は450万円ほどなので、かなり高年収の職業であることが分かるのではないでしょうか。

 

年収が高いのは残業が多いのも理由の1つ

このように高い年収を期待できる商社マンですが、年収が高いのには理由があります。

その一つが仕事量に反映される残業の多さです。総合商社・専門商社を問わず、商社マンの年収1,000万円は、残業代までを含めたものである場合が多いのです。

実際により忙しい、つまり残業が多いであろう部署に勤務している商社マンの方が早く年収がアップしていきます。

もちろん大手の商社であるほど残業の傾向が多くなるでしょう。

朝早くから夜遅くまで働き続けてこの年収を得ているのですから、一概に年収が高いと喜んではいられないかもしれません。

もし商社マンと結婚した場合には、高年収が期待できるものの、残業などのために家庭で一緒に過ごす時間が少なくなってしまう可能性があるでしょう。

 

商社マンの手当や福利厚生はどうなっているの?

商社マンは高年収の基本給の他に、手当や福利厚生が充実していることでも知られています。

大きな手当としては海外勤務手当が挙げられるでしょう。

商社マンは取引の都合上、外国に転勤するケースが少なくありません。

そうなれば海外勤務手当が支給されることになり、場合によって給与が二倍にもなるでしょう。

さらには残業手当はもちろん、住宅手当や通勤手当、家族手当などもつきます

昇進していけば役職手当、営業手当といった手当も企業によっては付いてきます。

加えて金銭以外にも福利厚生が充実しているところがほとんどです。

社宅の提供やスパなど保養所の利用、提携するジムに費用負担なしで通えるなど、企業によって様々なものが見られます。

中には家族で恩恵を受けられる福利厚生があるかもしれません。

 

商社マンの退職金はどれぐらい?

これだけの高年収を得ている商社マンであれば、退職金もかなりの金額を期待できるでしょう。

商社マンはそもそも年収が高いのですが、一般的な商社マンの退職金は1,000〜4,000万円程度です。

ただし早期退職を奨励している企業の場合、やや多く退職金をもらえる場合も多いようです。

そのケースでは退職金が5,000万円前後になります。

また、役員などの役職がついている場合には退職金として1億円が支払われる可能性もあるでしょう。

早期退職することによって早めに第二の人生を始めるのか、しっかり定年まで勤めあげるのかをしっかりと考えて、人生設計をしていく必要があります。

またどちらにせよ高い退職金をもらえる商社マンはかなり収入が高いと言えるでしょう。

 

そんな商社マンと出会い、結婚するためには?

商社マンは高年収なので、女性の方の中には商社マンと結婚したいと思っている方も少なくありません。

しかし商社マンは残業が多く、いつも忙しく仕事をしています。

転勤などの心配もあり、なかなか職場でも出会いはないため、結婚をあきらめかけている人もいるのです。

そんな商社マンと出会いたいというのであれば、婚活パーティーやマッチングアプリを活用しましょう。

婚活パーティーやマッチングアプリを使えば効率よく商社マンと出会うことができますし、結婚したい人同士で相手を探せるので、成婚率も高くなります。

商社マンの方は、一般的に金銭管理をしっかりしてくれる女性や自立している女性を好む傾向があります。

ぜひ忙しい配偶者を支える心構えをして、婚活パーティー・マッチングアプリで商社マンを見つけられるようにしたいものです。

特にマッチングアプリは仕事で忙しい商社マンでも利用しやすくなっています。仕事が忙しいと婚活パーティーに参加する余裕がありませんので、仕事の片手間に利用できるマッチングアプリが利用しやすいのです。

マッチングアプリの中でも商社マンとの出会いが見つけやすいのはペア―ズでしょう。

ペアーズは遊び目的の会員が少なく、恋愛や結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の商社マンを見つけやすいです。

まずはペアーズの無料会員でどんな商社マンの男性がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペア―ズの無料会員登録はこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント