マッチングアプリ

商社マンと結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

商社マンというと、様々な仕事の中でも花形の部類に入る人気の職業です。

会社にもよりますが、商社マンが扱う品物の中には食品、家電、衣類といった生活に密着したものから、石油、自動車、通信衛星など非常に高額になるものまであります。

一つの取引で数億円単位の契約をする商社マンも少なくありません。

そんな有能な商社マンと結婚したいという女性も多いはずです。

そこで商社マンと結婚したいという女性のために、商社マンと結婚するメリットやデメリット、どうやって出会えるかなどを検証してみましょう。

商社マンと結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

商社マンと結婚するとどんな生活になるの?

商社マンと結婚すると、忙しい配偶者を支える結婚生活になることでしょう。

商社マンは非常に忙しい職業です。業務量がとても多いため、定時で退社できることはまずありません。商社マンという職業柄、付き合いもとても多く家に帰ってくるのが遅いという方もいます。転勤も多くなりますが、いろいろなところで暮らすのが好きという方であれば、むしろ楽しい生活になるかもしれません。

収入も平均的なサラリーマンよりずっと高くなりますから、良い生活がしたいという方にとっては魅力的な結婚相手です。

商社マンは一般的にコミュニケーション能力が高く、話術も巧みなので、一緒に生活していて楽しいと感じる人も多いはずです。

 

商社マンと結婚するメリットとデメリットは?

商社マンと結婚することにはメリットがたくさんあります。やはりもっとも大きなメリットは年収でしょう。

商社マンの平均的な年収は1000万円程度と言われています。サラリーマンの平均年収が400万円程度であることを考えると、これはかなりの高年収であることが分かるでしょう。

加えて商社マンはリストラが少ない職業です。ですから世の中が不況になってもいきなり職を失うということはあまりありません。

さらに大手企業の商社マンであれば福利厚生が手厚くなっているので、その恩恵を受けることも可能です。

一方でデメリットとしては、その忙しさが挙げられます。朝早く家を出て夜遅く家に帰ってくるので、夫婦間のコミュニケーション不足が深刻化してしまうケースもあります。

また会社によっては転勤、特に海外勤務もあるので、結婚すると配偶者についていくのか、それとも単身赴任してもらうのかを決定することも必要になるでしょう。

 

嬉しい3つのメリット

商社マンと結婚するメリットの大きなものは、何度も出てきていますがやはり年収です。

二つ目のメリットは、海外で暮らすことができるかもしれないという点、三つめが商社マンは職業柄コミュニケーション能力に優れているという点です。ではそれぞれのメリットについて一つずつ見ていきましょう。

 

年収が高い

結婚には愛があれば良いというのはあくまで建前で、実際には安定した生活はとても重要です。

その点では商社マンは文句なしです。

20代の商社マンでも平均的な年収は600万円から800万円程度、30代でも早いうちに1000万円を超えることがほとんどなので、収入の点で困ることはほとんどないと言っていいでしょう。

忙しい部署であればあるほど、年収も高くなる傾向があります。高い年収に加え、福利厚生も充実しているため、安定した生活を築くことができます

特にお子さんが生まれたら、できるだけ不自由をさせたくないはずですから、商社マンの配偶者というのは大きなメリットがあると言えるのです。

 

海外暮らしができる

商社マンは一般的に転勤が多い職業です。

いろいろな商品を取り扱っており、売り手や買い手がいるところに行かなければならないので、場合によってはほんの数ヶ月で別の場所に転勤になるというケースもあります。

中には能力を買われて海外に転勤になるという方もいることでしょう。海外での生活に興味がある方にとって、これは大きなメリットと言えます。

結婚後、海外で暮らしたいと思っていた方は、転勤になった配偶者についていくことで海外生活を楽しめます。

大きな環境の変化ですが、そういった変化を楽しめる人にとってはスリルのある生活をすることができるでしょう。いろいろな言語、人種、文化に触れることで見方が広がって、人間としても成長できるかもしれません。

 

コミュ力が高いから話がうまい

商社マンにとってコミュ力は非常に重要です。

取引相手と良い関係を築いて契約までこぎつけるためには、高いコミュ力や相手の話をよく聞く姿勢がとても大切になります。特に海外で取引をするような有能な商社マンであれば、さらにコミュ力が高いことが予想されます。

そういった優秀な商社マンは女性を楽しませる術を心得ていることが多いので、一緒にいて楽しいと感じる方も多いです。

忙しい生活を送ることになっても夫婦として上手にやっていければ楽しい結婚生活が待っています。

 

苦労する3つのデメリット

商社マンと結婚するとメリットが多いものの、その一方でデメリットもあります。

一つ目のデメリットは、商社マンはとても忙しいのであまり一緒に過ごす時間を取れないということです。
二つ目のデメリットは転勤が多いということ。
三つ目のデメリットは、商社マンがモテるということです。

それでは、順にデメリットとなる理由を見ていきましょう。

 

一緒に過ごす時間がない

商社マンと結婚すると一緒に過ごす時間がないと感じる方は少なくありません。

商社マンはそもそも業務量が多いので、毎日膨大な量の仕事をこなさなければならないため、夜遅く家に帰ってくることが多くなります。

週中はもちろんのこと、週末さえ家にいないという商社マンは少なくありません。

実際、結婚したのに配偶者があまりにも家にいないので、結婚したという実感がわかないという方もいるほどです。

毎日の仕事に加えて、付き合いで飲み会やゴルフに行くことも少なくないので、せっかくの休日も家にいないということもあります。せっかく結婚したのに、あまり一緒に過ごせないのは少し寂しいことでしょう。夫婦二人だけであれば、自分がさみしいと思うだけで済みますが、子どもが生まれるとそうはいきません。

商社マンの中には、一日中仕事をして夜は家に寝に帰るという方もいます。つまり家にいる側は、子どもの世話をほとんどすべて自分一人でしなくはならないということになるのです。子どもが赤ちゃんのうちは、すべての家事に加えて赤ちゃんの世話をするというストレスにさらされます。

その日一日に起きたことを話したいと思っても、疲れて帰ってくる配偶者に話すことができないということも考えられます。

 

転勤が多い

商社マンの仕事は、転勤が多いというのもデメリットとなります。国内外を問わず、商社マンはいつどこへ転勤になるかわかりません。

子どもがいなければ夫婦で一緒に移動することが多くなりますが、自分からはどこに行くかを選べないので不安を覚えることもあるでしょう。

しかも数年、短い時には数ヶ月で再度転勤しなければならないケースもあります

海外への転勤の場合、大きな変化が好きではないという方であれば、かなりのストレスになるかもしれません

また、転勤するということは当然ながら引っ越しの準備なども含まれますから、多くの仕事を一人でこなさなければならないというのも、転勤に伴うストレスとなります。

転勤先についていっても、今の家にとどまるとしても、生活の大きな変化に対処しなければならないのです。

 

かなりモテる

商社マンはどこに行っても、さらに何歳になっても女性から注目される職業です。

年収の高さ、コミュニケーション能力の高さは年齢や国籍を問わずモテる要素だからです。

結婚後も商社マンは女性にモテるので、特に単身赴任している配偶者の場合は浮気の心配をしなければならないかもしれません。そうなると浮気されてしまうのではないかという不安も生まれます。配偶者がどこに行っているのか、誰と会っているのかなどを把握することができないので、より浮気の心配が大きくなるかもしれません。

さらに仕事柄、付き合いでキャバクラやクラブに行く機会も少なくないでしょう。
そういった接待に対する理解や男性を信じる気持ちがないと奥さんとしては務まらないかもしれません...

実際に商社マンは離婚率が非常に高いというデータもあります。

配偶者がかなりモテるというのも考えものです。

 

結婚願望のある商社マンと出会う方法

では商社マンと結婚したいという方は、どうやったら出会えるのでしょうか。

そもそも商社マンは結婚したいと願いながらもなかなか出会いのない職業です。

仕事や接待に忙しいため、自分の結婚のことまで考えられないというのが一般的と言えます。男性が多い職場なので、職場結婚の機会も多くはありません。

そんな結婚願望のある商社マンと出会うためには、婚活パーティーやマッチングアプリが効果的です。

婚活パーティーも、商社マン限定のものが開催されていることもあるので、それに参加することで商社マンとであることができるかもしれません。マッチングアプリを使えば、パーティーなどに行かなくても商社マンを見つけられるというメリットがあります。

ただし、本当に有能な商社マンなのかどうかは実際に会って確かめる必要があるでしょう。

 

商社マンは出会いが少ないため婚活で見つけられる

商社マンは出会いが少ない職業です。

結婚したい女性にとっても、商社マンと出会う機会はほとんどありません。双方が効率よく出会うためには婚活がベストな方法となります。

商社マンと結婚したいという方は、婚活パーティーに積極的に参加したり、マッチングアプリを駆使したりして、少しでも多くの商社マンと出会えるように努力することが非常に重要です。

安定した生活を築きたいという方は、ぜひ商社マンとの出会いを求めて婚活に励むようにしましょう。

商社マンとの出会いを探すのであれば、まずは無料で始められるマッチングアプリから始めるのがおすすめです。

仕事で忙しい商社マンはスマホ1台で始められるマッチングアプリで出会いを探していることも珍しくありません。婚活パーティに参加する暇のない商社マンはマッチングアプリで出会いを探す傾向にあるといっても良いでしょう。

特にペアーズは婚活に特化したマッチングアプリであり、商社マンの男性も多く利用しています。無料会員でも男性のプロフィールをチェックできますので、まずはどんな商社マンの男性がいるのか確認してみましょう。

ペアーズの無料会員登録はこちら

-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント