マッチングアプリ

商社マンの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

商社マンと結婚したいという方であれば、商社マンがどのような仕事をしているのかを把握しておく必要があります。

もし商社マンと結婚することができたなら、今度は商社マンである配偶者を陰ながら支えなくてはならないからです。

商社マンの仕事の内容を全く知らないとすれば、せっかく結婚できたとしても結婚生活を成功させることはなかなか難しいでしょう。

さらに婚活パーティーなどで商社マンと出会った場合、仕事内容を把握しておくことは非常に役立ちます。

商社マンとしても、自分の仕事の内容に精通している女性であれば安心感を持てますし、仲良くなりやすいことは間違いありません。

では将来的に商社マンと結婚したいという方のために、実際に商社マンがどのような仕事をしているのかご紹介しましょう。

 

商社マンの仕事内容を簡単に説明すると...

商社マンの仕事を簡単に言うならば、いろいろな品物を仕入れて販売する営業のことです。

当然ながら、企業としては安く品物を仕入れて高く売るのが目的です。

そのために商社マンは世界の各地に出向いていって多くの生産者と直接会い、できる限り良い商品・製品を安く仕入れることに注力します。

そして大手のメーカーに安く安定して提供していくのです。

つまり商社マンは品物の売り手と買い手をつなぐ仲介役であり、商社が利益を出す上で非常に重要な役割を果たしています

取り扱う商品が食品など身近なものであっても、現地の気候などの影響を受けることがあるため価格交渉が難しいですし、エネルギー分野・軍需産業などの製品であれば、さらに専門的な知識が必要になるかもしれません。

加えて、現在では多くの企業が製品の開発から製造、販売までを一手に引き受けていることも多くなってきました

原材料のみならず、製造過程で必要になる部品の調達など、商社マンに期待される働きは年々大きくなっていっているのです。

 

商社マンの仕事内容は過酷?

高年収である商社マンの仕事は、非常に過酷であることが知られています。

そのもっとも大きな理由は、いろいろな方面からの要望があり、膨大な仕事量になるということです。

商社マンは売り手と買い手、両方の希望を叶えていかなければなりません。

まず買い手のメーカーや工場の希望する金額、品質を満たす商品を見つけることが求められます。

もしピッタリの商品を見つけたとしても、今度は売り手、つまり生産者の希望する金額を提示され、交渉しなければいけません。

またメーカーの希望する数量を確保することができるかどうかも大きな問題です。

安く十分な量の品物を入手できたなら、今度は安定供給できるよう、複数のパイプを作っていくことも求められるでしょう。

更に、他の商社マンとの契約争いもあります。メーカーにも生産者にもたくさんの商社マンが営業しているため、契約を取るのは至難の業なのです。

このように毎日が激務続きとなっており、心身を休める間もないためにうつ病となってしまう商社マンも少なくありません

 

デスクワークはほとんどなく、常に動き回っている

商社マンの仕事は、売り手である生産者や買い手であるメーカーと良い関係を築くことがとても重要です。

そのためにデスクワークはほとんどありません。

自分のデスクにいると「ここにいる暇があるくらいなら外回りに行ってこい」と言われることも珍しくないのです。

日本国内だけの契約であっても、生産者とメーカーが同じ地域にあるとは限らないので、一日の間にいろいろな地方に赴き、走り回らなければならないということもあります

一日中新幹線に乗って動き回って夜遅くに家に帰ってくる、あるいは地方に泊るという勤務スタイルを繰り返す商社マンもいるのです。

これが海外出張も入る部署に勤務している場合には、飛行機での移動も含まれるので、さらに忙しくなります。

 

繁忙期はかなりの激務

商社マンはそもそも日本全国、または海外を行き来する忙しい日々を送っていますが、繁忙期になるとそれに輪をかけて忙しくなります。

商社の繁忙期は一般的な年末などの他に、扱っている商品や取引先からの需要によっても発生するものです。

忙しくなると月に何回も海外に出張に行かなければならなくなったり、1日の半分が移動時間になったり、会社に泊らなければならなくなったりするでしょう。

繁忙期の商社マンは信じられないほど忙しく、膨大な仕事量をこなさなければならないのです。

その一方で繁忙期が終われば、少し余裕が出てきて自分の時間を持てるようにもなります。

常に忙しい商社マンばかりというわけではありませんので、どの企業へ勤めるかによって忙しさは変わってくるでしょう。

 

飲み会ばかりなのも仕事

商社マンの仕事の特徴は、飲み会が非常に多いということでしょう。

そもそも商社マンは外交的な人が多く見られ、人間関係が仕事につながっていることも少なくないので、飲み会を通して新たな人間関係を構築したり、今までの人間関係を深めたりすることになります。

中には毎日が飲み会になってしまい、夜家に帰っても夕食が準備されていないという方もいるほどです。

週中には毎晩異なる取引先と飲み会をして繋がりを築き、週末は接待のためにゴルフに出かけていく、という商社マンも多くいます。

確かにそれぞれの飲み会が後の仕事につながることもありますが、そのために家族と一緒に家で過ごす時間が極端に少なくなってしまうのです。

また、飲み会続きで身体を壊してしまう方も少なくはありません。

商社の規模が大きければ大きいほど接待しなければならない取引先も多くなります。

飲み会や接待も仕事の一環と考えて割り切っている商社マンがほとんどですが、中には家族と時間を過ごすために飲み会を制限している方もいます。

 

商社マンの1日の仕事内容

もしとある商社マンが海外に出張に行ったとしたら、どんなスケジュールになるのでしょうか。

例を1つ挙げると、ある商社マンが海外出張をすることになり、取引先との商談前日には現地に入って、翌日の商談に備えておきます。
翌日午前7時ごろ現地スタッフと合流し、午前8時ごろ取引先と会いました。
商談を1時間から1時間半ほど行った後、今度は別の顧客のところに移動です。
午前10時半に別の顧客と会って、ここでも1時間から1時間半ほど商談を行ないます。
現地スタッフとランチを食べたら、今度は港に行って港湾業者と情報交換をしていきます。
もちろんこの間にも、現地スタッフや生産者と話をして、安く仕入れられる商品がないかどうかなどの情報収集を行なわなければなりません。
その後は午後3時頃に現地の支店を訪れ、日本人駐在員と合流して業務内容の打ち合わせを行ないます。
場合によっては、この後に現地の自治体関係者と会合して、様々な許可を求めたり、手続きがスムーズに進むように口添えをしてもらったりします。
こうした骨の折れる仕事をこなした後で、現地の日本企業の社長などと会食です。
午後7時くらいから午後9時くらいまで会食した後、現地の日本人駐在員と2軒目、3軒目と飲み会をして、午前0時や1時になってホテルに戻ってきます。
これだけ動き回った翌日にも、別口の取引先との商談のために午前5時や6時に起きないといけないケースもあるでしょう。

このように、商社マンはまさに1日中激務をこなさなければならないのです。

 

商社マンはどのようにキャリアアップしていくの?

商社マンとはいえ、サラリーマンですから、当然キャリアアップしていきます。

20代のうちは営業として経験と実績を積み、日本国内外を問わず出張に行って契約を取ってくることが求められることでしょう。

しかし30代になると、有能な商社マンは主任や課長という役職を与えられるようになります。

さらに年齢が進むと部長へ昇進の機会もありますが、この辺りになると昇進できる人数が絞られてきます。

こうしたキャリアアップと同時に年収も上がっていくので、中には年収が1,100万円を超える商社マンの方も見られます。

高収入という点ではかなり夢のある職業です。

 

仕事内容は大変だが商社マンの人気は高い

商社マンの仕事は1日中続く激務だけでなく、繁忙期の忙しさや飲み会続きなど、本当に大変なものです。

なかには家族との時間が全くとれない人も少なくありません。

それでも商社マンの人気は高く、毎年多くの人が商社マンとしての業務をスタートしています。

高年収が魅力であることに加えて、世界中を駆け回って仕事をすること、また巨額の契約を結ぶことができることなど、他の仕事にはないやりがいを感じられるからです。

自分の仕事が確かに形になるという意味で、商社マンは非常に魅力のある職業と言えるでしょう。

給料も高いですし、仕事が忙しいということを抜かせば、かなりメリットの多い職業とも言えます。

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント