マッチングアプリ

シェフの年収や給料はどれくらい?シェフと結婚したい方は必見!

シェフとの結婚で気になるのが年収や給料です。

ここでは、シェフの平均年収をはじめ、下積み時代の給料、勤務先による変動などを紹介しています。

いくらシェフが理想的な結婚相手といっても年収が低いと、ちょっと考えてしまいますよね。

ひと口にシェフといってもさまざまです。そのため、シェフとの結婚を望んでいる女性は、年収や給料についてきちんと知っておく必要があるでしょう。また、シェフとの出会い方や結婚する方法なども説明しています。

シェフとの出会いが見つかるおすすめのマッチングアプリはこちら

 

シェフによって年収に差がある

シェフの年収には個人差がかなりあります。

そのため、すべてのシェフが同じくらいの年収を得ているかといったらそうではありません

近年星付きレストランや有名ホテルのシェフなど、メディアに出る機会が増えました。そのため「シェフの年収は高い」といったイメージを持たれる方が多いと思いますが、実際はシェフによって差があります。

ですから、シェフでも低年収の人もいます。その「差」というのは「勤務している場所」「シェフのランク(階級)」「下積み時代」など。当然、下積み時代はどのシェフも年収は低く苦労している人は少なくないでしょう。勤務先も、ホテルや有名レストラン以外にも、小さなお店で働いているシェフもいます。またシェフには「階級」があります。シェフとしてトップで働いている人はやはり年収は高くなるでしょう。

このようにいろんなシェフがいますから、シェフとの結婚を考えている女性は、シェフの階級を知り、どれくらいの年収を得ているかきちんと調べておきましょう。「シェフ」という肩書きだけで結婚してしまうと失敗する恐れがあります。

 

シェフの平均年収は500万円程度

シェフ全体の平均年収は500万円程度。給料は31.2万円となっています。

400万円後半から550万円くらいまでがおおよその範囲になるため、想像していたより低いと感じる方は多いのではないでしょうか。

先にも述べたように、ひと口にシェフといってもさまざまです。またシェフというと一般的にはプロの料理人のなかでも高い階級にいます。

いわゆる料理長を指しますから、当然500万円より高くなるでしょう。あくまでシェフ全体の平均年収でどの階級も含めた年収になるため思っていた金額より低いと感じるかもしれませんが、最大年収は約1,000万円〜と考えると、やはり高い階級で働いているシェフは高年収が期待できるのです。

ちなみに、一般的な調理師と比べるとシェフの平均年収は高くなります。平成28年度の調理師の平均年収が336万円(43.1歳の場合)と言われていますから、400万円後半から550万円程度は高いのです。

 

下積みの時期は給料が低い

シェフは階級や勤務先によって年収に大きく差が出ることが分かりましたが、下積み時代になるとさらに給料は低くなります。これはどのシェフも経験することで、現在一流シェフとして働いている人でも同様です。

ちなみに、先にも述べたようにシェフは一般的に料理長を指しますから、それ以外の料理人はコックになります。近年は料理人=シェフという扱いになっていますが、まず一人前のコックとして働けるようになるために下積みを過ごします

また、店に入ったからといってすぐに包丁が持てるわけではなく、雑用からコツコツと働くことになるでしょう。

下積みがつらくてシェフへの道をあきらめる人も珍しくありません。

当然、下積み時代は給料は低く、さまざまな経験をすることになります。勤務する場所によって異なりますが、どんなに有名店でも下積み時代は極端に給料が低いことも珍しくありません月給10数万円のところも少なくないと言いますから、シェフになるまでには多くの苦労をすることになるでしょう。

 

シェフの年収は勤務先で変わる?

ずばり、勤務先によって年収は違います。シェフの勤務先は多種多様で、ホテルやレストランをはじめカフェやケータリングサービスなどいろんな勤務先があります。

ベテランであれば、料理教室を開いてアドバイザーとして働いているシェフもいるでしょう。また、スポーツ選手のサポートでもシェフが活躍します。このようにいろんな勤務先があるため、当然年収や給料も場所によって変わってくるでしょう。

大きく分けると、「大企業」「中企業」「小企業」になります。大企業であれば580.0万円、中企業であれば480.0万円、小企業であれば435.0万円が平均年収です。

一流シェフともなれば大企業のホテルやレストランで働いていることが多いですから、やはり年収は高くなります。

1,000万円以上という人も少なくないのではないでしょうか。一流のシェフは階級も高く、「シェフ・ド・キュイジーヌ」や「スー・シェフ」がほとんど。

前者は海外のレストランで総料理長として勤務しているシェフのことで、有名な料理店になると2,000万円を超えることもあるようです。後者は、規模が大きいレストランで働いているシェフになります。お店の規模によって異なりますが、800万円〜1,000万円程度とやはり高めでしょう。

 

ホテル勤務だと高め?

ホテルで働いているシェフ=年収・給料が高いというわけではありませんが、経験年数が長い場合や三ツ星クラス、料理長、板長などで変わってきます。

また世代的にも、ホテルで働いているシェフは30代以降が多いと言われています。20代よりシェフとしての経験年数が長いというのも関係しているのでしょう。

シェフの場合、1,000万円以上になると高年収になりますが、三ツ星クラスや料理長になると2,000万円以上、なかには3,000万円程度の年収を受け取っている人もいます。

先にも述べたように、シェフ全体の平均年収は500万円程度ですから、それに比べるとホテルのシェフは高年収になりやすいということになるでしょう。大企業のホテルともなれば、シェフだけでなく従業員として働いているスタッフも高年収が期待できます。

 

外国で働くとどうなの?

では、海外で働いている外国人シェフはどうでしょうか?

外国人の場合、給料は時給制になり海外出店への出張扱いになることが多いため、日本人のシェフに比べると給料・年収はそれほど高くないといわれています。そのため、平均的には800万円程度。ただ外国人シェフでも、一流かそうでないかによってやはり給料・年収は変わってきます。

ただ一般的には時給制になっており、決して高いとはいえないでしょう。ちなみに、世界でもトップクラスの外国人シェフは、たとえばフランス料理の最大巨匠アラン・デュカスは売上総額が約156億円。年収も相当高いでしょう。

日本で下積みを重ね、母国に戻ってシェフになる外国人もいます。オーナーシェフになるとやはり高くなるでしょう。

 

シェフの手当や福利厚生はどうなっているの?

手当や福利厚生などは、業態や経験年数によって異なります。

そのため、シェフだからといって手当と福利厚生が充実しているわけではありません。

社会保険完備・残業手当・退職金・従業員割引制度など一般的。

一流シェフとチェーン店で働くシェフでは、当然階級が違いますから手当や福利厚生は違ってきます。

シェフの場合、いろんな業態があるため、どうしても手当や福利厚生の度合いが明確ではありません。もちろんこれらが良いに越したことはありませんが、シェフ=手当・福利厚生が良いと思っていると損することがありますので注意してください。

特に個人店での下積みは作業量が多いため休みもほとんどありませんし、手当や福利厚生なども不十分と言われています。

 

そんなシェフと出会い・結婚するためには?

基本的にシェフは裏で働いているので、簡単に出会うことができません。

そのため、「シェフと出会いたいけれど、どうやって出会ったら良いか分からない」と嘆いている女性は少なくないでしょう。

シェフと出会う方法はいくつかあります。まず「ホールでのアルバイト」です。「キッチンのほうが出会いやすいのでは?」と思うかもしれませんが、仕事上揉めやすいと言われているので、ホールスタッフの方が良いでしょう。次に「料理教室」です。直接シェフにアドバイスをもらえますし、距離も縮まりやすくなります。

基本的に、シェフも出会いがありません。そのため、出会う場所も同じように、お店で働いている人や、料理教室、紹介などが挙げられます。なかにはマッチングアプリなどを利用している人もいます。

すぐに出会って結婚するには、やはりマッチングアプリがベストです。結婚を前提に彼女を探している人も少なくありませんから、ゴールインしやすいでしょう。ただ、シェフと結婚するには理解も必要です。有名店で働いているシェフならなおさら理解が重要になりますし、下積みのシェフならサポートしなければいけません。

特にマッチングアプリの中でもシェフとの出会いが見つけやすいのはペアーズです。

ペアーズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手のシェフを見つけやすくなっています。

まずはペアーズの無料会員でどんなシェフの異性がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント