マッチングアプリ

先生(教諭)になるにはどうすればいいの?先生(教諭)になる方法をまとめてみた

学校の先生(教諭)になってみたい、このように思っている人もいるでしょう。

先生(教諭)になるためには、教員免許を取得することがまず前提です。

しかし免許を持っていれば就職できるわけではないです。

そこでここではこれから先生(教諭)になろうと思っている人のために、先生になるにはどうすればいいかについてみていきます。

これから自分はどのような課題をクリアしていけばいいのか、シミュレーションする際に参考にしてみてください。

 

先生(教諭)になるには教員免許が必須

先生になるには、まず教員免許を取ることが前提条件となります。

教員免許は国家資格で、これを持っていないと先生として仕事はできません。効率の教員として働くためには教員免許を取得するためには、国家試験に合格する必要があり、受験資格として教職課程のある大学や短大などの教育機関でカリキュラムを修了しなければなりません

ちなみに教職課程を修了していない場合、「教員資格認定試験」というものがあり、こちらに合格すれば教員免許の取得も可能です。教員免許状はどの都道府県でも有効ではありますが、有効期限は10年間です。有効期限が来れば更新をしないと先生として教鞭をとることができなくなります。

実は教員免許状を持っていなくても一定の条件を満たしていれば、先生になることも可能です。例えば「特別免許状」といって、専門的な知識や経験を持っている人を教員にする場合に交付される資格があります。そのほかにも臨時免許状といって、助教諭や養護助教諭に交付される資格もみられます。特別免許状は10年・臨時免許状は3年間の有効期限となります。

 

先生(教諭)になるための道は大きく分けて3つ

上で見たように先生になるには、教員免許を取得することが必須条件です。しかし免許取得するのは、先生になるためのファーストステップにすぎません。免許を取って、その後先生として就職するためにはいくつか道があります。

ここでは、公務員の採用試験に合格する・臨時採用に応募する・私立学校に就職するという主な3つのパターンについて、それぞれ詳しく見ていきます。

 

採用試験に合格して公務員(教諭)としてはたらく

この方法が教師になる方法の中で一番難しいと言えるでしょう。

ただ難しい分、教師の中でも給料や福利厚生などの待遇は抜群に良いです。

公立学校の先生は、公務員扱いになります。ですから都道府県や政令指定都市の教育委員会で教員採用選考試験を受験して、合格しなければなりません

教員採用選考試験ですが、筆記試験・面接試験・論文試験・実技試験の4つによって考査されます。しかし教育委員会で試験は独自に行っていますので、すべての地域でこのような方式で行っているとは限りません。自分の住んでいる、赴任希望の地域の教員採用選考試験の概要をホームページなどで確認することです。

筆記試験は一般教養・教職・専門教養の問題が出題されます。
実技試験は、どの教科の先生になるかによって変わってきます。
英語の先生であれば英会話・音楽教師の場合ピアノ演奏などが行われます。
また教育委員会の中には、模擬授業や指導案の作成を課題にしているところも見受けられます。試験概要の情報収集をして、それに見合った試験対策を進めましょう。ちなみに教員採用試験は、7月ごろに行われることが多いです。

 

臨時採用の講師としてはたらく

上で紹介した教員採用試験ですが、近年では狭い鬼門となっているようです。

日本全国の平均で見ると、中学や高校の場合7倍くらいです。このため、十分に試験対策をしても残念ながら不合格ということもあります。

しかし不合格になると先生になれないかというと決してそうではないです。

不合格になった場合、臨時教師枠に登録することが可能です。それぞれを管轄する教育委員会の事務局で受け付けていますから、登録手続きを済ませましょう。

不合格になると自動的に登録されるものではないです。

もし学校の教員の中で産休や病休の発生した場合、その常任教師が職場復帰するまでの数か月間、代わって教鞭をとることも可能です。

臨時教員として採用される方法は、主に2通りあります。面接試験で合否を判定する場合もありますし、学校側で提供する試験に合格するかのいずれかです。

これは都道府県によって異なりますから、前もって確認しておくといいでしょう。臨時職員の場合、給料やボーナスなどの待遇は一緒です。しかし常任教師が復帰するまでの期間に限られてしまいます。

 

私立の学校ではたらく

もう一つの教師の就職方法として、私立学校の教員になるアプローチがあります。

私立学校の場合も公立同様、採用試験がありますからこれに合格することです。

しかし公立学校の場合、地域の教育委員会が一括で試験を実施します。一方私立学校の場合、学校や学校を運営している法人がそれぞれ採用試験を行っています。

私立学校ではこのようにそれぞれで採用試験を行っていますから、試験内容や合格するための条件などもまちまちです。

私立学校は、まず教員適性検査を受検します。そして受検者名簿に登録します。そしてその中から任意にピックアップして、面接試験を受けてそれに合格すれば採用というところもみられます。

どのような形で採用試験を実施しているのか、希望する私立学校があればあらかじめチェックしておいた方がいいでしょう。

ちなみに私立は法人なので、学校によって給与や福利厚生が大きく変わります。学校によっては先生たちが集団で直談判するところもあるぐらいですので、私立の学校で働く場合は、どれぐらい給料がもらえるのかしっかり把握した方が良いでしょう。

 

多くの先生は採用試験の合格を目指す

このように先生になるには、3つのパスがあります。どの方法でも構わないのですが、多くの先生求職者は最初に説明した採用試験での合格を目指します

臨時採用の場合、たとえ職場を見つけられても長くて数か月程度で期間が満了すれば、職場を離れないといけません。契約の更新はまず期待できません。

職場で長期的に安定して仕事ができないわけです。私立学校で教鞭をとる方法もあるにはあります。

しかし私立学校は、民間が運営していますのでもし経営状況が悪化すれば、その学校が閉鎖される可能性もあります。長期にわたって仕事が確約されているわけではないです。
ほとんどありえないことではありますが、そういったリスクが少なからずあることは把握しておいた方が良いでしょう。

採用試験に合格して公立学校に就職できれば、身分は公務員となります。

よほどのことがない限り、失業者になることは考えにくいです。将来にわたって安定して収入が得られるので、採用試験の合格を希望する人が多いわけです。

また先生との結婚を目指して婚活しているのであれば、このような公立学校の教師の方が生活の安定する可能性は高いといえます。

 

先生(教諭)に向いている人はどんな人?

先生になるには試験に合格する必要があります。

しかしそれよりも前に、適性が自分にあるかどうかも考えることも大事です。

教師に向いている人の条件として欠かせないのは、やはり子供が好きというものです。

教師は子供相手に仕事をするわけですから、子供がもともと好きではないと長く続けるのは難しいです。

また授業を担当しますので、何かを教えることがもともと好きな人も向いているといえます

先生は生徒の上に立つ人です。そのことを自覚して、自信をもって授業に臨む必要もあります。逆に生徒と同じ目線に立ちすぎてしまう人は教師向きとは言えません。
例えば子供相手にカッとなって本気で怒ってしまうような人は教師の適正はないと思った方がいいでしょう。

そのほかには几帳面な方が教師向きといえます。地域や学校の規模によって若干の違いはあるものの、だいたいの教室に30人以上の生徒がいます。

その中には勉強のできる子・できない子など様々な個性を持った子供がいます。

そんな中でも、決められた期間でカリキュラムを終わらせないといけません

そのためにはしっかりと年間の計画を立てて、実践していけるだけの几帳面さも求められるでしょう。几帳面である一方、ある種のおおらかさも持っていた方がいいです。

子供や親とのトラブルも往々にして起こりえます。そのような問題に対処するためには、ある程度の神経のずぶとさが求められるでしょう。

 

大学の学部によって取れる教員免許は違う

教員免許を取得するためには、大学などに進学して所定のカリキュラムを修了する必要があります。

しかし学部によって、取得できる教員免許の種類が異なります

大学入学前の段階で将来先生になりたいと思っているのであれば、どの学部に進学するかを考えた方がいいでしょう。
例えば政治経済や法学部に進学をすると、社会や地理歴史、公民といったものが取得できます。
文学部の場合、国語の免許を取得できるチャンスがあります。
語学系の学部であれば、英語やフランス語、ドイツ語などの教員免許を取得することが可能です。
理工学部の場合、数学や理科のようないわゆる理系の免許が取得できます。
教育学部の場合、いずれ専攻を選ばないといけません。専攻によって、取得できる免許の種類も異なりますから慎重に検討したほうがいいです。

 

先生になるには自治体によって難易度が違う

教員になるためには、公立学校の選考試験を受ける人が多いです。

しかし公立学校の試験はそれぞれの自治体の教育委員会で実施しています。

このため、難易度は自治体によって異なります。

ちなみに中学校の教員採用試験を見てみると、新潟県や秋田県、福島県などは倍率が10倍を超えています。一方で群馬県4.0倍・佐賀県4.2倍など、それほど難易度の高くない地域もみられます。

公立学校の教員採用試験を受ける場合には、このような地域ごとの難易度も意識してどうするか考えた方がいいでしょう。

 

先生(教員)に転職するためにはどうすればいいの?

もしあなたがこれから先生(教員)へ転職する場合は転職サイトを利用するとよいでしょう。

公務員としての教員なら公務員用の採用試験を受けなければいけませんが、塾講師や家庭教師など学校とは違う教員であれば転職サイトにたくさん求人があります。

なかでも先生(教員)で転職するための求人探しは大手のリクルートエージェントがおすすめです。

転職サイト最大手のリクルートエージェントでは様々な求人情報を網羅しているため、先生(教員)の求人をもちろん多く取り扱っています。特に未経験者歓迎の求人も多いため、転職して先生(教員)になりたい人向けの求人が多いといっても過言ではありません。

先生(教員)の転職を考えたい場合は、まずリクルートエージェントへ登録して、どんな求人があるのかチェックしておくようおすすめします。

先生(教員)の求人が見つかる転職サイトはこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント