マッチングアプリ

先生(教諭)になるにはどうすればいいの?先生(教諭)になる方法をまとめてみた

飛行機に乗ると客室乗務員(キャビンアテンダント)が至れり尽くせり面倒を見てくれますよね。美人も多いですし、こんな女性と結婚できたらと考えたことがあるのではないでしょうか。

でも、実際に客室乗務員ってどんな女性が多いのか、また、客室乗務員と結婚したらどんな生活になるのか、分からない部分が多いと思います。

この記事ではそんな分からない部分を紹介していきたいと思います。

客室乗務員(CA)と結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

客室乗務員と結婚するとどんな生活になるの?

客室乗務員(キャビンアテンダント)は週末が休みとは限らないし、ステイで何日も家を空けることも出てきます。出社や退社の時間もまちまちですから、夫と家で一緒に過ごせる時間が限られてきます。このことは客室乗務員を続けるうえで仕方ないことです。夫の理解がないと結婚してからも客室乗務員を続けることは難しいかもしれません。

また、所属する空港が決まっているので、夫が住んでいる地域の空港に勤務できるとは限らず、別居婚になる可能性もあります。このように離れて暮らすようになる可能性もあることも、結婚する前から考えておくことも必要です。

いずれにせよ、夫の理解と協力が必要なのは言うまでもありません。一緒に住んでいれば絆が深いというわけでもありませんし、別居しているからと言って仲が悪いわけでもありません。遠く離れているからこそ、絆が深くなることもあるのです。

 

客室乗務員と結婚するメリットとデメリットは?

客室乗務員(キャビンアテンダント)と結婚するメリットとデメリットは何があるのでしょうか。嬉しい3つのメリットと苦労する3つのデメリットを挙げていきます。

 

客室乗務員と結婚すると嬉しい3つのメリット

  • 綺麗で美意識の高い女性が多い
  • 鍛えられた接客マナーがあるためマナー意識も高い
  • 給料や福利厚生は充実している

客室乗務員は男性から高い人気があり、結婚するにあたってメリットもかなり大きいです。

他の女性にはない魅力を持っているのが客室乗務員。順に解説していきましょう。

 

綺麗で美意識の高い女性が多い

客室乗務員(キャビンアテンダント)と結婚するメリットはやはり気の利くきれいな奥さんを持てることでしょう。友人にも自慢できるようなきれいな奥さんを持てることはとても鼻が高いです。

一緒に並んで歩いていても、道行く人の目を引くことができます。客室乗務員である奥さんのルックスの良さは客室乗務員と結婚する一番のメリットではないでしょうか。いつも小ぎれいにしている奥さんと一緒にいるのはとても気分のいいものです。

また、美意識が高いので、いつまでもきれいでいる女性が多いのも特徴です。結婚した途端、気を抜いてしまう女性もいて、こんなはずじゃなかったとなる場合もあるのですが、客室乗務員の場合、美意識も鍛えられているので、そんなことは少ないです。いつまでもきれいでいてくれる場合が多いでしょう。

仕事を辞めた場合にしても、美意識が高いのできれいな美人でいることが普通である場合が多いのです。

きっとあなたの自慢の奥さんになってくれることでしょう。

 

鍛えられた接客マナーがあるためマナー意識も高い

客室乗務員(キャビンアテンダント)として結婚するメリットとして、鍛えられた接客マナーがあるためマナー意識が高いことがあります。

結婚すると親戚付き合いなどがありますが、接客で鍛えられているため、マナーで恥をかくことがありません。これはとても大きなメリットです。とてもできた奥さんとして褒められる可能性が大きいです。

また、公の場に出ることがあっても、マナーがしっかりしているので堂々と振る舞うことができます。言葉遣いなどの点においても、恥をかくことはないでしょう。

またおもてなしのスキルも非常に高いので、家へ友人や知人を招く際も相手に失礼がないように振舞うことができます。おもてなしをされた友人や知人は、きっと大満足することでしょう。そして、そんな奥さんを持ったあなたの評価もグッと上がるはずです。

このように接客のマナーが問われる場面では客室乗務員としての接客のマナーが非常に有利に働きます。このことは客室乗務員と結婚する大きなメリットの一つになるでしょう。

 

給料や福利厚生は充実している

客室乗務員(キャビンアテンダント)は一般事務職よりも給料は高いとされており、給料以上に充実しているのが福利厚生です。特に大手航空会社では福利厚生が充実しています。客室乗務員は体力勝負の仕事で、休みが多くあります。

年次休暇も申請に合わせてシフトを組んでもらえ、消化できないことはありませんし、年次休暇を全部消化できる航空会社もあります。また、産休、育児休暇があり、長く働けるような体制が整っています

また、社員向け優待航空券というものがあり、帰省時などのときに格安で支給される航空券があります

あとは無料で語学を習うことができたりと、通常の民間会社よりも福利厚生が充実しています。

長く取れる年次休暇を利用して、一緒に旅行できたり、社員向け優待航空券を使って、格安で帰省できたりするところが、客室乗務員と結婚するメリットでしょう。

 

客室乗務員と結婚すると苦労する3つのデメリット

  • 結婚相手に対する理想が高い
  • 自立している女性が多い
  • 仕事でストレスをためがち

客室乗務員は結婚相手としてかなり人気の職業ではありますが、結婚するデメリットがあります。

メリットが大きいぶん、デメリットもあるため、人によっては結婚生活がうまくいかないかもしれません。

 

結婚相手に対する理想が高い

客室乗務員(キャビンアテンダント)は男性だけではなく女性からも人気の高い職業です。客室乗務員の倍率も高く、聡明で容姿もいい女性が多い職業となっています。

客室乗務員は職業柄、スポーツ選手や芸能人、政治家などと接する機会が多く、普段接することがない職業の男性と出会うことが多いのです。それ故に男性を見る目が非常に肥えています

また、彼らにとっても客室乗務員は魅力的ですので、連絡先を聞かれたりすることは日常茶飯事ですので、男性を見る目が鍛えられていき、どんどん結婚相手に対する理想が高くなっていくのです。

ただ、理想が高くなってしまった客室乗務員はなかなか理想の相手に巡り合うことがなく、独身のままということも少なくありません。あるとき、出会った全く理想ではない人と恋に落ちて、結婚するというパターンもあります。自分にはステータスも何もないからといって、諦める必要はないでしょう。

 

自立している女性が多い

客室乗務員(キャビンアテンダント)と結婚すると苦労するデメリットとして自立している女性が多いゆえに、自分がいなくてもこの女性はやっていけるのではと思ってしまうところにあります

まず客室乗務員は給料や福利厚生が恵まれているので、経済的に自立しています。男性と肩を並べてバリバリ働いているのです。仕事への熱意や責任感は男性か顔負けなくらいです。やりがいのある仕事や十分な収入があるので、男性を頼らなくても生きていけるので、男性からしたら守ってあげたいと思えないところが寂しくなってしまうでしょう。

また、客室乗務員は自分で何でもできてしまうところがあります。自分の事は自分でできるので、男性に頼らなくても一人で生きていけます。男性側からすると自分がいなくても大丈夫なんだろうなとちょっと寂しくなってしまいますよね

このように客室乗務員は自立している女性が多いのです。守ってあげたい女性とはちょっと違うかもしれないので、その壁を乗り越えないといけないかもしれません。

 

仕事でストレスをためがち

客室乗務員(キャビンアテンダント)と結婚すると苦労するデメリットとしては、客室乗務員は仕事でストレスをためがちということです。客室乗務員の女同士の人間関係は独特なものでかなりストレスがかかります。そのうえ、客室乗務員は接客業なので、いつでも笑顔でいなくてはなりませんし、体力勝負です。

休みの日はストレス解消をしないとやっていけないでしょう。客室乗務員と結婚すると、休みの日はあなたと過ごすことになります。お酒に付き合うことになるかもしれないし、愚痴に付き合うことになるかもしれません。

あなたがうまくストレス解消へと導いてあげることが大切になってきます。あなたとの結婚生活がストレスにならないようにすることが大切です。とはいえ、あなたもストレスに感じることがあるでしょうから、お互い共通のストレス解消法を見つけられるといいですね。

客室乗務員が仕事でストレスをためがちということを頭に入れておきましょう。

 

結婚願望のある客室乗務員と出会う方法

結婚願望のある客室乗務員(キャビンアテンダント)と出会う方法はまず機内です。

食事を運んできてくれたら、必ず「ありがとう」とお礼を言うようにしましょう。それだけでも印象が良くなります。また、行き先での美味しいお店や観光スポットなどを聞いてみましょう。ほかのお客さんが聞かないことなのであなたを印象付けることができます。機内サービス以外のことで頼られているという喜びを感じてもらえます。ただ、忙しそうにしているときなどは聞かないようにして、状況をちゃんと見るようにしましょう。お見合い席と呼ばれる客室乗務員と向かいの席を予約すれば、話も盛り上がるでしょう。

また、連絡先を渡すなら降機時にしましょう。非常口付近で質問するふりなどして、こっそり連絡先を渡すのが効果的です。ほかの乗客や客室乗務員に見られてしまっては気まずい思いをさせてしまいます。相手に迷惑がかからないようにしましょう。あとは客室乗務員から連絡が来るのを待つようにしましょう。

 

客室乗務員は出会いが少ないため婚活で見つけられる

客室乗務員(キャビンアテンダント)は出会いが少ないため、婚活で見つけられます。

まず、婚活パーティーです。客室乗務員はパイロットなど高年収の男性を見てきていますので低年収の男性が集まるような婚活パーティーには顔を出しません。最近は高年収の男性だけが参加する婚活パーティーがありますので、客室乗務員を狙うなら、そちらの婚活パーティーに顔を出すほうが得策です。

次に結婚相談所です。結婚相談所は比較的高い費用がかかるものの、仲人のサポートを受けながら婚活できます。客室乗務員を見つけて紹介や、お見合いのセッティングなど、様々なことを仲人がやってくれますので、客室乗務員との婚活をお任せしたい人におすすめです。また、客室乗務員限定の結婚相談所もありますが、医者や経営者などステータスのある男性限定のうえ、写真審査があるなど審査が厳しいようです。

一般の大手の結婚相談所に客室乗務員が全くいないわけではありません。大手の結婚相談所を利用する客室乗務員もいますので、そちらを利用して探してみるのも手でしょう。

最後に一番おすすめなのがマッチングアプリです。マッチングアプリはスマホさえあれば出会いを見つけられるので、仕事で忙しい客室乗務員も良く利用しています。
最初に無料会員から始められるので、まず最初に客室乗務員との出会いを見つけるならマッチングアプリから始めましょう。

特にペア―ズは婚活に特化したマッチングアプリであり、客室乗務員(CA)も利用しています。無料会員でも異性のプロフィールをチェックできますので、まずはどんな客室乗務員(CA)がいるのか確認してみましょう。

ペア―ズの無料会員登録はこちら

-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント