マッチングアプリ

先生の年収や給料はどれくらい?先生と結婚したい女性は必見!

婚活をしている女性の中には、結婚相手の職業について絞り込んでいる方もいるでしょう。

その中で先生との結婚を求めて婚活をしている人はいませんか?

先生(教諭)は安定した職業で、将来にわたって生活面で困ることがない、子供好きの人も多いから育児に協力的などに魅力を感じているかもしれません。

ところで先生は具体的にどの程度の年収を得ているか気になりませんか?

そこでここでは一般的な教師の年収について多角的に見ていきます。先生との結婚を希望する女性がいれば、以下で紹介する収入を見て、結婚生活のシミュレーションをしてみませんか?

先生(教員)との出会いが見つかるおすすめのマッチングアプリはこちら

 

先生の年収や給料は自治体によって変わる

教師の年収を理解するにあたって、彼らは公務員扱いが前提となることを頭に入れておきましょう。

公務員の給料は自治体がそれぞれに決めています。

つまりどこで先生の仕事をしているかによって、先生の収入は変わってくるわけです。政府統計の総合窓口のデータを基にすると、教員の給料の最も高い地域は東京都でした。

ちなみに同じデータに基づくと、小学校教員(教諭)の月給は33万円・高校教員(教諭)は40万円でした。サラリーマンの給料と比較しても、何らそん色ないだけのお金をもらっていることがわかります。

そのほかでも首都圏や愛知県、近畿圏の給料は全国的に見ると高めです。

こうしてみると、いわゆる都会で教師の仕事をしていると、高収入の可能性の高いことが推測されます。もしそれなりに収入のある先生との結婚を希望するのなら、都市圏で勤務している人を対象に絞り込んでみるといいでしょう。

 

先生の平均年収は約300万円程度

気になる先生の年収の具体的な数値ですが、ある転職サイトのデータによると全世代平均で380万円という結果になりました。

これは口コミ投稿から算出しているものですから、多少実態とは違いがあるかもしれません。

しかし300件を超える投稿をベースにしていますので、それほど的外れな数字ではないでしょう。全業種の平均年収はだいたい400万円程度といわれていますから、それと比較するとやや少ないとなるでしょう。ただしこちらのサイトのデータによると、最低は150万円・最高1,150万円とかなり差のあることがわかります。これは教師といってもいろいろな勤務スタイルがあるからです。

まず教育機関にもいろいろな種類があります。小学校・中学校・高校もありますし、幼稚園なども含まれます。また地方によっても収入に違いのあることはすでに紹介しました。さらに学校には私立と公立があります。一般的な傾向として、私立学校の方が収入もいいといわれています。同じ教師(教諭)でもこのように、どこに勤務するかによって稼ぎも変わってきます。もし先生との結婚を希望しているのなら、相手がどこで勤務しているかもしっかり確認して、だれとお付き合いをしていくか検討する必要があるでしょう。

 

年齢が上がるにつれて年収も上がるので安心

先生(教諭)の給与体系の中で見逃せないのは、年功序列を採用している点です。つまり勤続年数が長ければ長いほど、年収も高くなります。よほどのことでもない限り、年々給料はアップしていきます。結婚して家事を預かる身になれば、家計のやりくりで困ることはないでしょう。教員の給与体系ですが、基本的に1年に1回の昇給となっています。このため、先ほど紹介した教師の平均年収を年齢別に見てみるとばらつきのあることがわかります。

総務省の発表している「地方公務員給与実態調査結果等の概要」の平成27年度のデータを見てみると、20代の教員の平均年収は300万円前後です。しかし30代半ばになると500万円弱になります。さらに40代半ばになれば600万円近い年収を稼ぐことも十分可能です。この程度の年収があれば、ほかのサラリーマンの収入と比較してもあまり大きな差はないでしょう。ただし教員の収入システムですが、年齢だけでなく、職務の難易度を表す「級」や習熟度をあらわる「号級」も給与を決める基準となります。ですから同じキャリアであれば、だれもが同じ給料をもらっているわけではないです。

また近年一部自治体では、この年功序列を見直す動きを見せているところもあります。能力や実績を重視して、若い人でも実力があれば、それに見合った給料を出しているところもみられます。もし若い教師でそれなりに収入を得ている人を探すのであれば、このような革新的な試みを見せている自治体で探すといいでしょう。若くて高収入を得ている教師は、それなりの実力を有していることがうかがえます。つまりこれからも昇給する可能性が高く、安定した経済環境の中で結婚生活を送れる公算も高いわけです。

 

先生の手当や福利厚生はどうなっているの?

教師(教諭)の年収を見ると、ほかの業種と比較するとやや少ないのではないかと思う人もいるかもしれません。朝早くから出勤して帰宅するのは夜遅くなることも珍しくありません。しかも休日も部活などで返上して仕事をしている先生を見ると、割に合わないのではないかと思いませんか?

しかし給料以外でも待遇面で手厚くしている教育機関・自治体も多いです。先生の給料を見てみると、福利厚生を手厚くして業務に専念できるようにケアしているのは魅力的です。

どのような福利厚生を用意しているかは地域によって異なります。ここでは一例として、東京と公立学校教員採用案内に基づいた福利厚生の内容について紹介します。

まず手当を各種用意しています。扶養手当や住居手当、期末・勤勉手当などを条例に基づき支給しています。そのほかにも福利厚生として、健康保険や厚生年金などの社会保険は完備されています。また病気やけが、女性の場合出産などで職場をしばらく離れた場合には短期給付を受け取れます。

結婚やマイホームを購入するにあたっての費用を貸し付ける事業なども用意されています。宿泊施設の割引利用の優遇制度や人間ドックを受けるなどのヘルスケアも用意されています。

このように見ると、手厚い福利厚生のついていることがわかります。給料だけでなく、このような福利厚生の手厚さも結婚生活に大きく影響します。結婚を前提としたお付き合いをするのであれば、この辺のところも詳しく相手から話を聞いておいた方がいいでしょう。

 

同じ先生でも講師の年収には頭打ちがある

「先生」と一言で紹介されることも多いですが、中身を見てみるといろいろな勤務体系で仕事をしている人のいることがわかります。

勤務体系によって、給料も違ってくることは頭に入れておきましょう。

例えば先生と呼ばれている人の中には「講師」という肩書で勤務している方も少なからずみられます。講師といっても常勤講師と非常勤講師、時間講師と3種類の勤務体系があります。

常勤講師の場合、正規採用の教師とあまり仕事内容で大きな違いがありません。授業も担当すれば、部活の顧問を任されることもあります。しかし正規職員の場合、任用期間は定年までずっとです。一方常勤講師の場合、任用期間は有期で半年もしくは1年ということが多いです。しかし満期になれば、契約を更改することも可能です。

非常勤講師の場合、授業だけを専門に担当します。生徒指導などを行うことはないです。非常勤講師は毎日勤務することは必ずしもありません。時間講師は授業時間だけ勤務するスタイルの先生です。

実はこのような講師の場合、給料を頭打ちにしていることが分かっています。これは全国紙でも取り上げられたことがありますから、見覚えのある人もいるかもしれません。実に38都県において内規などで給料に上限を設けて、頭打ちさせているというのです。ただしこのような講師などの非正規教員に対して冷遇するのは、総務省では地方公務員法の原則に反すると指摘しているそうです。

正規雇用と講師のような非正規雇用の平均年収を比較すると大きな開きのあることを示すデータもいろいろと出てきています。例えば高校教師のデータを見てみると、正規雇用の場合409万5,000円に対して非正規雇用の場合257万4,000円でした。

中学校教師に関しても、正規雇用406万4,000円・非正規雇用262万8,000円です。実に年収ベースで100万円以上の開きがあります。もし先生と結婚するのであれば、正規雇用なのか非正規雇用なのかも前もってきちんと聞いておいた方がいいでしょう。

 

そんな先生と出会い・結婚するためには?

このように先生の中でも勤務形態や勤務している地域によって、年収は異なります。

しかし押しなべて、教師は福利厚生が手厚いですし、給料も安定しています。

安定した環境の中で穏やかに生活したいと思っているのであれば、先生との結婚はおすすめです。教師は子供と普段触れ合うことが多く、大人との出会いがあまりありません。結婚を真剣に考えている先生はマッチングアプリに登録していることも珍しくないです。先生との結婚を希望するのなら、マッチングアプリに登録するのも一考です。

マッチングアプリはスマホ1台あれば利用できますので、仕事で忙しい先生も利用しやすいと言えます。また先生は近隣で婚活すると、子供や保護者に見られてしまうリスクもあるので、スマホだけで婚活できるマッチングアプリは利用しやすいのです。

特にマッチングアプリの中でも先生(教員)との出会いが見つけやすいのはペア―ズです。

ペア―ズは遊び目的の会員が少なく、恋愛や結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の先生(教員)を見つけやすくなっています。

まずはペア―ズの無料会員でどんな先生(教員)の異性がいるのかプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペア―ズの無料会員登録はこちら


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント