マッチングアプリ

経営者になるにはどうすればいいの?経営者になるための資質とは?

会社社長になってみたい、女性の場合社長と結婚したいと思っている人もいるでしょう。大小合わせると、日本中には数多くの経営者がいます

ところで経営者になるにはどうすればいいのか、よくわからないという人もいるでしょう。そこでここでは、会社経営者になるにあたってどのようなことが求められるかについてみていきます。経営者との婚活をしているのであれば、彼らがどのようにして社長になったのか理解するのにプラスになるはずです。

 

経営者になるには何の資格も必要ない

医者や弁護士になるためには、それぞれ国家資格があります。国家試験を受けて合格基準をクリアして、免許の交付を受けなければ、医者や弁護士として活動できないルールになっています。

しかし会社社長になる場合、別にこのような何らかの資格を取得する必要性は一切ありません

なろうと思えば、その日からでも会社を作って経営者になることも可能です。誰でも経営者になれる可能性は残されているわけです。

ただ何もない状態からいきなり経営者になってもうまくいく方が稀でしょう。

最初は様々な企業に就職して、様々なことを学んでから経営者としての人生を歩む人も多いです。

 

学歴は関係ないのが経営者

会社社長になるためには、大学や大学院のような高等教育を受けていないといけない、大学の中でも受験難易度の高い、偏差値の高いところを出ていないといけないと思っている人もいるでしょう。

しかし経営者になるには、別に高等教育を受けていなければならないという決まりもありません

過去の経営者を見てみると、中卒のような義務教育しか受けていない方も少なからずみられます

最低限の教育を受けただけで、若くして仕事をはじめその中でノウハウや知識を蓄積して、経営者の座を射止める人もみられます。決して高学歴でなければ、経営者になれないというわけではありません。

 

経営者になるためには

経営者になるには上で紹介したように、特別な資格も学歴も一切必要ないです。経営者には、だれでもなることは可能です。

しかし経営者として長期にわたって会社を続けるためには、必要なものもあります。そこで以下では経営者になるにはどのような知識・スキルを身につければいいかについて詳しく見ていきます。

 

ほかの人ができる専門的なことは勉強しなくてよい

経営者になるにあたって、何か専門的な知識を身に着ける必要はないです。経営者は会社の業務の何から何まで一人で仕事をするわけではないからです。

従業員を雇って、分業して会社経営を行うのが一般的です。

もし会社経営のために専門的な知識・スキルが必要であれば、自分で勉強するのではなく専門性の高い人材を雇えばいいわけです。

例えば自分が行おうとしている事業について、法律面で引っかかることがあるか気になったとします。この時経営者自らが、関連法規について勉強する必要は一切ありません。法律に詳しい人材を法務部で採用すればいいです。中小企業でそのような人材を正社員として野党だけの余裕がなければ、例えば顧問弁護士を雇って相談すればいいわけです。このようにほかのだれかに任せられるところは、その人に任せてしまって、自分の本来の業務に集中すべきです。

 

就職しなければ学べないところは就職して学ぶ

ただし経営者は何から何までほかのだれかに丸投げしてもいいかというと、決してそうではないです。

例えば自分が行っている事業に関する専門知識・スキルについては身につけておいた方がいいでしょう。でないと正確な経営判断ができなくなります。現在は経営者として会社の切り盛りをしている人でも、いきなりそうなったわけではないです。

例えば建設会社の社長として活躍している人の中で、最初は別の建設会社もしくは不動産会社のような関連する企業に就職しているケースが多いです。そして会社の中で仕事をしていく中で、その業界のやり方やルールについて学んでいきます。このようなノウハウが社長になったときに生きるでしょう。

また会社勤めをしている中で、得意先と仕事の打ち合わせや商談などコミュニケーションをとるでしょう。このサラリーマン時代の人脈が、起業したときに活用できる可能性もあります。

このように経営者として必要な部分を身に着けるためには、まずは就職して仕事のやり方を学ぶのがおすすめです。

 

何をすればよいかわからない場合は経営者が出している本を読む

経営者になるにはどうすればいいのか、よくわからないという人はいませんか?

その場合には先人に学ぶのがおすすめです。

もし経営者が知人や身内にいれば、例えばその人について仕事のやり方を学ぶのも一つの方法です。しかし経営者が身近なところでなかなか見つからないという方もいるでしょう。その場合におすすめなのが、経営者の出している書籍を読むことです。書店の中でもビジネス関係の書籍スペースにいろいろと販売されているはずです。

このような書籍を出版している経営者は、たいてい現在第一線で活躍している成功者ばかりです。そして本の中では、自分がどのようにして経営の切り盛りをしてきたか、困難に出くわした時にどのように乗り切ったかが書かれています。つまり経営に成功するためのヒントが書かれているわけです。いろいろな書籍を読んで、自分が経営者になった時の参考にしてみるといいでしょう。

また本を読む以外にもセミナーへ参加するなど勉強する方法はいくらでもあります。

都市部であれば、様々な人がセミナーを開いていますので、参加してみるとよいでしょう。

なかには詐欺まがいのセミナーもありますが、経営者たるもの、内容が詐欺かどうかは判断できるようになっておいた方が良いです。

どんな経験でもそれを生かして、ビジネスにつなげるのが経営者とも言えますので、若いうちは何でも学んでいく姿勢が大切と言えます。

 

経営者に向いている人が持っている資質

経営者になるにあたって、学歴や資格は一切関係ありません。しかし経営者向きの資質のようなものがいくつかあります

これから経営者になろうと思っている人は、以下で紹介する条件に当てはまっているかどうか確認してみましょう。また婚活で経営者の結婚相手を探しているのであれば、目の前の相手が以下で紹介する資質を持っているかどうか確認してみるといいでしょう。そうすれば、目の前の人と結婚して将来的に幸せな生活が送れるかどうかの判断もできます。

 

勉強好き

経営者向きの条件の中でも無視できないのは、勉強好きであることです。経営者として自分のスキルをアップする、ブラッシュアップするためには勉強が基本です。勉強できない人は、自分をレベルアップできないわけです。これでは長く会社経営を続けるのが難しいでしょう。

実は勉強しない経営者というのは結構います。例えば起業して、自分の開発した商品・サービスが一発当たったとします。その時点で「自分は何でもできる・無敵だ」と思って、それで勉強しなくなってしまうのです。いわゆる「天狗になった」という状況です。その結果、仕事はそっちのけで毎日飲み歩く、女性を連れて歩くといった社長も結構多いです。しかしそのような経営者は長続きしないのが一般的です。

時代によって風向きはいろいろと変わります。トレンドが変化することで、最初当たった商品・サービスでも時代遅れになってしまって、いつか売り上げがダウンします。勉強しつづけていないと、もはや対処ができなくなってしまうのです。経営者として成功をおさめ続けるためには、自分から進んで勉強できる人の方が適しているといえます。経営に関する勉強はもちろんのこと、何か興味を持ったものがあれば、その勉強を進めるのもおすすめです。一見すると経営に関係ないことでも、今後の戦略のヒントになる可能性もあるからです。

 

ポジティブ・積極的な思考

経営者になるには、性格も関係してきます。具体的にはポジティブシンキングのできる人で、何事も積極的に取り組める人です。

積極的に行動できる人でないと、なかなか経営者として成功を収めるのは難しいです。例えば何か商品のアイデアが浮かんできたとします。この時「本当にうまくいくだろうか…」と躊躇してしまう人は、経営者向きではないです。

迷っている間にビジネスチャンスを逃す恐れがあるからです。

商品のアイデアの浮かんだ時「いける!」と思ったのであれば、どんどん動いていく人の方が経営者向きです。行動をしない限り、成功はないからです。新商品の考えが浮かんだら、とりあえず作ってみる、ただしいきなり大量生産しないことです。

とりあえず作ってみて、従業員や得意先の人に試してもらいます。それでいけそうであれば、さらにそのビジネスを進めていきます。その中で「ここはこうしたほうがいい」といわれることもあるでしょう。そのアドバイスを受けて改善して、商品化を進めていけるポジティブさを持っている人は経営者になると成功するかもしれません。

 

意識を高く持ちつつ、過信しない

意識を高く持つことも経営者として大事なことです。自分に自信を持つ、一回決めたことはそう簡単に動かさない意志の強さが求められます。

しかしその一方で過信してしまうと、正しく状況判断ができずに失敗してしまいます。自分を信じてぶれないけれども、周囲から何らかの助言があったときには聞く耳を持つことが必要です。社長で成功を収めると、なかなか周囲の人の声を聴かなくなってしまう人もいますが、そのような人は長続きしません。

 

経営者になるのは簡単だが、維持するのは大変

このように経営者になるのは誰でもなれますし、今日からでもなれます。ただし問題なのは、経営者として会社を運営し続けることです。

あるデータによると、会社設立して1年後も運営を続けられるのは半分ほどといわれています。10年後も会社を維持できるのは、わずか5%です。経営者として君臨し続けることは決して生易しいことではないと思って、起業準備を進めることです。

婚活する場合には、相手の資質をしっかり見極めて結婚するかどうか判断したいところです。


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント