マッチングアプリ

経営者の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

経営者と結婚して社長夫人になりたいと思って婚活を行っている人はいませんか?

ところでそのような人に伺いますが、具体的に経営者はどのような仕事をしているかご存知でしょうか?

相手の経営者の仕事内容を理解していないと、結婚生活するにあたって自分がどのようなサポートをすればいいかわからないでしょう。そこでここでは、経営者の仕事内容についてみていきます。

経営者の仕事内容は千差万別

経営者と一言で言いますが、いろいろな業種があります。建設会社もあれば、IT企業もあるでしょうし、飲食店経営もあります。

どの業種の経営者かによって、具体的な仕事内容は変わってきます。もし経営者相手の婚活を行う場合には、会社社長と聞くだけでなく、具体的にどのような業界で仕事をしているのかについてもしっかり聞いておきましょう。

どんな仕事内容なのかによって、もしその経営者と結婚した場合、どんな生活になるのかのシミュレーションもしやすくなるでしょう。

 

経営者の仕事内容

上で紹介したように経営者といっても、どの業界で仕事をしているかで具体的な仕事内容は変わってきます。しかしどの業界の経営者であっても、基本的な仕事内容について共通しているものもあります。ここでは、経営者の基本的な業務内容についてみていきます。

  • 従業員の生活を考えながらの経営戦略
  • 資金を得る方法を考える
  • 社員に対して適切な労働環境の提供

社長の仕事といわれた場合、以下で紹介する3つが柱になると思っていいでしょう。

 

従業員の生活を考えながらの経営戦略

経営者はいわば船に例えると船長さんです。船長はどのような航路をとるのか、荒波などの厳しい環境をどう乗り切るかの方針を決めて、クルーたちにいろいろな指令を出します。経営者も一緒で、会社運営していくにあたって、基本となる経営方針を提示します。そしてその方針にのっとって、従業員は仕事をしていきます。経営方針を掲げるにあたって、いろいろなことを考える必要があります。まずは「何のために事業をするのか?」です。この部分が固まっていないと、首尾一貫した会社経営ができなくなって、長く会社を続けるのが難しくなります。

そしてもう一つ考えるべきことに、従業員のことがあります。もし経営者が進路を間違えてしまったら、従業員も路頭に迷うことになります。従業員の生活が立ちいかなくなります。もしその従業員が結婚していて、妻や子供がいる場合、この家族も路頭に迷ってしまいます。経営者はこれだけの人の生活がその双肩にかかっているといえます。このことも意識して、経営戦略を練る必要があります。

 

資金を得る方法を考える

経営者に話を聞いていると、ほかの仕事をしているときでも頭の片隅でも資金繰りがあるとよく言います。会社を運営するためには、お金がどうしても必要です。商品を製造する場合、原料などの調達にお金が必要です。また従業員の人件費もかかってくるでしょうし、オフィスを借りるためのコストも発生するでしょう。よく資金繰りのことを私たち人間の血液に例えることがあります。血液は常に循環させる必要があって、もし血の巡りが止まってしまうとそれは死を意味します。

どんなに経営者のやりたいことが理想的であっても、画期的なことであっても、資金調達力に乏しければ、長く経営を続けることは難しいです。資金調達の方法として代表的なのは、銀行融資でしょう。しかしそのほかにも公的制度の活用や補助金・助成金の交付、ファクタリング、ビジネスローンなど様々な資金調達方法があります。このような方法を試行錯誤で試してみて、自分たちのスタイルにあった資金調達を確立することが健全な経営を続けるために欠かせないことです。

 

社員に対して適切な労働環境の提供

小さな会社の場合、社長自らも現場に出ていって仕事をする場合もあります。しかしある程度の企業の経営者になると、現場に出て仕事をすることは少なくなります。むしろマネジメントの方に力を入れて業務に当たることになります。そして現場を担当するのは従業員です。従業員が働きやすい環境を作ることも経営者の仕事内容の一つです。社員に対して適切な仕事環境を作ることで、従業員の能力を最大限に引き出せます。そうなると作業効率が高まって、結果的に業績アップと会社にとってプラスに作用するわけです。

従業員にとって働きやすい環境の条件はいろいろとあります。例えば福利厚生を充実させることで、従業員が目の前の業務に集中できるような環境を作ることも条件となりえます。そのほかには残業を少なくする、年間休日を増やすことでワークライフバランスを重視するのも環境改善に役立つでしょう。ただし予算の都合などもあるでしょうから、できるところから始めていくことです。このような労働環境の適正化は、求人を出すにあたっての求職者へのアピールポイントになりえます。

 

経営者は社内の誰よりも会社について考えなければいけない

経営者は、会社という組織のトップに立つ人材です。経営者に会社の将来がかかっているといっていいでしょう。そこで会社のことについて、社内のだれよりもいろいろと考える必要があります。会社が今後どのような方向を目指すか、そのためにこれから何をすべきなのかを考えないといけません。そして最終的な経営面の決断は社長が行います。ですから決断力・判断力も求められるポジションになります。

その視点から見た経営者の業務内容ですが、事業内容の決定、人材の育成、人材の適材適所への配置といったことを考える必要があります。また経営システムを策定するのも経営者に求められることです。事業の仕組みを作り、労働環境や社内制度を決めるのも社長です。

さらに会社経営を続けるために必要な資金調達も担当します。このように会社経営の土台になる部分は、社長がすべて担当する形になるでしょう。社長は経営の中核を担っていて、仕事も多岐にわたりいずれもプレッシャーのかかる仕事内容です。もし経営者と結婚するのであれば、社長のプレッシャーを理解し、癒しを与えられるような存在であるべきです。

 

会社の舵を取る経営者は一歩間違えば大惨事

経営者が今後の経営方針、経営戦略を決めていきます。かじ取りに成功すれば、業績アップして、会社の規模を拡大できるでしょう。

しかしもしその逆の目が出てしまった場合、大きな影響が出てきます。まずかじ取りに失敗すれば、業績が悪化する、大きな損失を計上して赤字経営になってしまうなど、経営が厳しくなります。

そうなると社長は本業どころではなくなって、損失を埋めるために資金調達をしなければなりません。

大きな損失を計上すれば、資金調達もそれなりにまとまった額になるでしょう。そうなるといろいろな金融機関などを巡って、資金確保に動かないといけません。余計な業務が加わることで、残業が増えたり、休日出勤を強いられたりするでしょう。家庭としてみれば、なかなか経営者が自宅に戻らず、家族団らんの時間も確保しにくくなります。

資金繰りなどがなんとかできれば、会社経営を続けられるかもしれません。しかし資金繰りに行き詰ってしまうと、会社は倒産・経営破綻ということになりかねません。その結果、従業員は失業者になってしまって、求職活動を行う必要があります。次の就職先を早く見つけられればいいですが、なかなか見つからないとその間事実上無職となり、家計のやりくりも大変でしょう。特に家族のいる従業員は大変な目にあってしまいます。

もちろん経営者も失業者になってしまいます。しかも中小企業などの場合、会社が融資を受けるにあたって経営者が連帯保証人となっているケースも多いでしょう。そうなると莫大な借金を背負うことになります。経営者自身で返済できる借金でなかった場合、自己破産などをして自分たちの財産を処分しなければならなくなります。マイホームやマイカーなども失うことになって、経営者だけでなくその家族にも大きな影響を及ぼしかねません

 

仕事内容はさまざまだが自分のやりたいことができるのも経営者

経営者というのは、会社の屋台骨を背負うたいへん重要な職業です。業種によって具体的な仕事内容は様々ですが、これから会社をどこに導こうとするか、その地図を作る重要な役割はどの経営者でも担っていることです。自分の家族だけでなく、従業員やその家族の生活もかかっていますから、大変責任感があって、日々プレッシャーを感じる仕事といえます。

しかしその一方で、最終的な経営方針を決めるのは社長です。従業員はこの会社の掛け声に合わせて、自分の仕事をこなしていく形になります。つまり自分のやりたいことができる経営者というポジションは魅力的でしょう。ですからある程度キャリアを重ねたところで、独立開業する方もいるわけです。

このように経営者は大変な仕事でもあります。その経営者を側面からサポートする社長夫人も重要な役割であると思った方がいいでしょう。社長が自分の業務に集中できるように、家事などほかのことをすべて自分が面倒見るくらいの気持ちで結婚をした方がいいでしょう。

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント