マッチングアプリ

デザイナーの年収や給料はどれくらい?デザイナーと結婚したい人は必見!

婚活を行っている人・興味のある人は、結婚相手がどの程度の収入を得ているか気になるところでしょう。そこでここではデザイナーの年収について詳しく見ていきます。

デザイナーとの結婚を希望している・検討している人がいれば、以下で紹介するデータを参考にしてみましょう。

結婚相手の絞り込みで活用するのもいいでしょうし、また職業の見直しに使っていただいても結構です。

デザイナーとの出会いが見つかるおすすめのマッチングアプリはこちら

 

デザイナーの年収や給料はあまり高くない

デザイナーの年収についてですが、結論から言ってしまうと決して高くはありません。このように言われると意外と思う人もいるでしょう。「デザイナーは華やかな職業だし、高年収の人が多いのではないか?」このように思っていませんか?確かに独立して成功したデザイナーになると、年収1000万円オーバーしている人もいます。しかしこのように大成功を収めている人はごくわずかです。

大半のデザイナーは会社勤めをしていて、ほかのサラリーマンなどと比較すると同じような稼ぎの人も結構多いです。また独立しても成功が約束されているわけではないです。なかなか仕事が見つからずに、安い収入で苦労しているデザイナーも少なからずみられます

 

デザイナーの平均年収は業種によって様々

上で見てきたように、デザイナーは高収入と思って婚活している人がいれば、その固定観念は見直した方がいいです。ただし同じデザイナーといっても、その中でもいくつかジャンルがあります。そしてそのジャンル別で年収も若干異なります。

そこでここでは主なデザイナーであるファッションデザイナー・グラフィックデザイナー・ウェブデザイナーの年収がどのようになっているかについてみていきます。

 

ファッションデザイナーの平均年収

調査した結果によると、ファッションデザイナーの平均年収は650万円ということでした。しかし個別の事例を見てみると、かなり収入に隔たりがあるようです。高収入になると年収1500万円程度稼いでいる人もいる一方で、まだキャリアの十分でないデザイナーの場合年収が300万円程度という方も見受けられます。

業種別で見てみると、アパレルメーカーで勤務できると年収は高くなるようです。ほかの業種を見るとだいたい350〜380万円の間が平均年収でした。その一方でアパレルメーカーの場合、470万円と100万円近く差ができました。アパレルメーカーのほかにもデザイナー事務所・ブランドメーカーなどの就職先があります。この中でもアパレルメーカーが最も門戸を広く開放しているジャンルといえます。そのほかの職場は、中途採用が主流で即戦力重視の傾向があります。なかなか新卒で採用することはないですが、アパレルメーカーの中には新卒の求人を数は決して多くないですが募集していることもあります。

ファッションデザイナーの中には、独立して活動している人もいます。フリーランスの場合、年収にはかなりのばらつきがあるようです。実績を積み重ねて、有名なショーに自分の衣服を出店できるようになれば、1000万円を超える高年収を獲得できるかもしれません。しかしその道のりは決して楽ではないことも頭に入れておかないといけません。

 

グラフィックデザイナーの平均年収

グラフィックデザイナーの場合、どこで勤務するかによって年収が変わってくるようです。まず大手の場合30代で年収1000万円ということも珍しくないです。しかし中小企業で勤務するとなると、初年度の年収は300万円からと決して高くはないです。調査によるとグラフィックデザイナーの平均年収は、だいたい300〜430万円といったところです。専門職の割には、決して高年収ではないといえます。

グラフィックデザイナーの中には、フリーランスとして独立して活躍している人も少なからず見られます。フリーランスの場合、実績によってだいぶ変わってきます。仕事がコンスタントに入ってくれば、年収700〜800万円程度稼ぐことも十分可能です。しかし最初のうちはそれほどスムーズに仕事は入ってこないでしょう。その場合には年収300万円以下になることも覚悟しておかないといけないでしょう。

グラフィックデザイナーとして活躍するためには、プラスアルファの能力・経験が求められます。例えばプランニングやディレクションに精通してくると、企画などにもかかわってこられます。その結果デザインワークで入ってくる報酬のほかにも、企画費とかディレクション費といった別の名目でも収入が期待できます。その結果、収入がアップするでしょう。

独立開業して自分の事務所を持ち、ブレーンを抱えるようになるとさらに年収アップします。デザイナーの中には自分の事務所でコピーライターやイラストレーターなどを抱えてディレクションができると、さらに収入はアップします。中には1000万円をはるか超え、数千万円稼いでいる人もみられます。

 

Webデザイナーの平均年収

IT業界というのはまだ登場して間もない業界です。このため、Webデザイナーの勤務先である企業を見ると中小企業と呼ばれるところが多いです。このため高い給料のもらえる可能性はあまり高くないです。ヒラのWebデザイナーとして仕事をする場合、平均年収は300〜400万円といったところだと思った方がいいです。

ただしWebデザイナーの収入を見てみると、能力主義がより強く反映されているといえます。実績を積み重ねていけば、独立開業することも可能です。もし優れたデザインセンスを持っている、専門性の高いスキルを持っていれば、一人でも生計を立てている人はたくさん見られます。ただし独立するためにはWebデザイナーとしてのスキルはもちろんのこと、営業活動をする、取引先と潤滑なコミュニケーションが取れるなど、ほかの能力も求められます。

 

リーダーポジションじゃないと年収1,000万は難しい

このようにどのデザイナーでも、それほど高収入を簡単に稼げる世界ではないことがお分かりになったでしょう。

ただしそのデザイナーの努力次第で、今後収入アップする可能性はあります。

デザイナーの各平均年収で紹介したように、いずれの職種も独立開業することは可能です。

フリーランスとして活躍する方法もあれば、自分の事務所を設立してそこで活動する方もみられます。独立開業して、コンスタントに仕事が入ってくるようになれば、高年収を稼げるかもしれません。

そのほかにはキャリアアップしていく方法もあります。例えばデザイナーチームを会社内に作ったときに、プロジェクトリーダーになる、管理職に進むといった方法でキャリアアップすることも可能です。このようなリーダーポジションになると、年収800〜1000万円オーバーという可能性も十分あります

もし経済力を気にして婚活しているのであれば、相手の現在の収入を聞くだけでなく、今後どのような形でキャリアアップを目指しているのか、それとなく聞いておいた方がいいでしょう。

現在それほど稼げていないデザイナーでも将来性があれば、今後活躍して高収入を手にできる可能性も期待できる世界です。

 

デザイナーの手当や福利厚生はどうなっているの?

デザイナー相手に婚活するにあたって、どの程度の年収があるのかを気にする人は多いです。しかしあまり年収だけにこだわっていると、思わぬところで足元をすくわれる可能性があります

多少給料は低くても、福利厚生が充実していることも珍しくないです。総合的に見れば福利厚生の手厚いところの方が結局のところ、待遇が良いということになりかねません

そこでデザイナーの収入だけでなく、どのような福利厚生の条件の下で勤務しているかもそれとなく聞いておいた方がいいでしょう。一般的な傾向として、大手企業の方が福利厚生の充実しているところが多いです。まずは従業員を人的資源と考える企業もあって、健康管理を会社で行っているところもみられます。健康診断はもちろんのこと、保健相談、歯科検診、婦人科検診といったように各種ヘルスケアを充実させているところがみられます。

また外資系の企業の場合、グローバルな人材の育成に力を入れているところもしばしばみられます。例えば外国語のスキルを習得するにあたって、補助金を出してくれるようなところもみられます。そのほかにも住居手当など給料のプラスアルファになるようなシステムを導入しているところもあります。福利厚生が充実していると、結婚した後安定した生活が送れるでしょう。

 

そんなデザイナーと出会い・結婚するためには?

デザイナーはWebデザイナーを中心として、中小企業で勤務している人が多いです。しかもフリーランスで個人活動をしている人も見られます。

このため、自力ではなかなか出会いの見つけられないデザイナーは多いです。ですからマッチングアプリなどに登録して、結婚相手を探している人が多いのです。もしデザイナーとの結婚を希望するのなら、マッチングアプリに登録して、パーティなどにも積極的に参加するといいでしょう。

マッチングアプリはスマホ1台あればいつでも出会いを探せますし、仕事で忙しいデザイナーの方も利用しやすくなっています。まずは無料で始められるところが多いので、初めて婚活する場合はマッチングアプリで始めるとよいでしょう。

特にマッチングアプリの中でもデザイナーとの出会いが見つけやすいのはペアーズです。

ペアーズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手のデザイナーを見つけやすくなっています。

まずはペアーズの無料会員でどんなデザイナーの男性がいるのかプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント