マッチングアプリ

税理士の年収や給料はどれくらい?税理士と結婚したい女性は必見!

女性の方々の婚活で、人気ナンバーワンとなった職業は税理士です。

医者やIT産業のベンチャー社員、公務員でもなく、間違いなく若い女性たちから熱い視線を集めているのは、一見地味にさえ見える税理士などの士業職なのです。

それで税理士と結婚したいと望んでいる女性の方には、きっと彼等の給料とかボーナスがどのくらいなのかと知りたがっている事でしょう。

結婚して一緒に暮らすようになったら、どんなレベルの生活ができるようになるのか?

ちょっとでも、セレブチックな日々を送る事ができるのか?その辺のところはリアルに知っておきたいと、そう考えているのではありませんか?ここでは税理士の平均年収及び、年齢ごとの給料やボーナスなど、経済面での詳しい情報を提供していきます

高年収の税理士との出会いが見つかるおすすめのマッチングサイトはこちら

 

税理士の年収や給料は高いの?

職業別年収ランキングを見ますと、1位は日本国天皇で推定3億円、それ以降は総理大臣や国会議員などが2000万円から4000万円と続き、このレベルには大手企業の役員も入ってきます。

この様に特別な職業が13位まで続き、14位に医師が平均年収1232.7万円、給料ベースでは月平均95.2万円の給料です。15位に航空機操縦士・パイロットで平均年収1192.1万円、16位に大学教授の1051.3万円と続きます。

そして婚活において女性の望む職業ナンバーワンの税理士は、何と他の高収入業種を押さえて堂々の18位に入っているのです。

平均年収を基準にすれば、税理士は公務員よりもずっと収入面で優遇されている職業であることが分かります

では実際の年収や給与・ボーナスはいくらぐらいになっているのでしょうか?また初任給はどのくらいもらっているかなどを具体的にチェックしていきましょう。

 

税理士の平均年収は約1,000万円

税理士の平均年収に関しては、賃金構造基本統計調査によりますと1042.5万円(40.7歳)とあります。

この後に弁護士の平均年収1,029万円と続いています。

そして平均月収は69万1,800円で、ボーナスの平均は年212万3,300円です。200万円ですから、ちょっとした初任時の年収並みのボーナスになっています。

また初任給に関しても一般の職業よりもずっと高いです。ちなみに税理士の場合は20歳から24歳の平均年収が378万円で、全国平均の265万円より100万円以上の高いレベルとなっていました。

ただし税理士の職場にもいろいろとランクがある事を忘れてはいけません。特に収入の良い職場として、都心部にオフィスを構える大手税理事務所があります。

また都市部の個人事務所の税理士さんにも1,000万円以上の年収を得ている方はたくさんいます。反対に中小規模の税理士事務所ですと収入は落ちてきます。この点も、婚活でお相手を選ぶ際の重要なポイントとなるでしょう。地方の税理士事務所の場合もやや収入が落ち、平均年収700万円前後の方が大半を占めるようになります。

 

勤務する事務所の規模で年収は変わる?

税理士事務所には個人で営業している小規模の事務所から、数百人もの税理士を抱えて大企業や大資産家などをクライアントにしている大規模の税理士事務所まで様々です。

もちろん事務所の規模や依頼を受けているクライアントの数などによって利益幅も違ってきますので、そこで働いている税理士さんの収入もまちまちになります。こちらの点も賃金構造基本統計調査を参考にすると分かりやすいでしょう。

まず事務所の規模ですが、税理士さんの所属人数が10~99人の事務所では、平均して年収607万3200円、月収で41万3,700円、ボーナスは110万8,800円です。

また100~999人規模の事務所の場合は、年収813万3,100円で、月収57万2,200円、ボーナスが126万6,700円となっています。

1,000人以上のスタッフを抱えている大規模事務所の場合は、年収平均が1,200万4,500円、月収78万8,200円、ボーナス254万6,100円と、やはり規模の大きな事務所の方が収入は高いのです。

 

独立した税理士のほうが年収は高い?

日本税理士連合会が2004年に実施したアンケートには、開業税理士の平均年収を3,000万円としていましたが、現在は独立した税理士の数もずっと増えているので少し事情が違います。

年収1,000万円以上の開業税理士は全体の32.8%で3分の1です。700~1,000万円の方は14.2%で、年収700万円以下の税理士の方が53%もいます。

また2000年以降は、国内企業数も減少傾向になるためにクライアントの確保に困っている税理士事務所も少なくありません。ある意味で弱肉強食の世界ですから、力のある事務所でないと利益率が低くなってしまうのは仕方ないでしょう。

つまり、税理士が独立をすれば必ずしも高収入になるという訳ではないのです。

 

定年退職がないので70まで働く税理士も少なくない

先にも少し触れましたが、税理士の平均年収で70代の税理士さんでも700~900万円を得ているとあります。

しかも年収1,000万円以上を稼いでいる税理士さんも少なくありません。このケースでは独立して開業している税理士さんの場合が多いのですが、個人が開業している事務所では定年の問題は関係ありません

個人の健康状態や努力によって70歳以上でも働けます。最近は高齢化の影響で、年金支給額が大幅に減り、しかも受給年齢も70歳まで引き延ばすという政策が打ち出されています。

その点でも、税理士の方は安定収入を得る道があると言えるでしょう。今は将来不安の強い時代ですから、女性の方が結婚を望む時に、老後の安心も外せない条件でしょう。

定年退職して老後を十分に暮らせない人もいる中で、長く働ける仕事というのは税理士ならではとも言えます。

 

税理士事務所ではなく企業の経理として働く税理士もいる

企業内で働く税理士さんもいます。つまり一企業の社員として働いている税理士です。

会社内に税理士資格を持った社員がいる事のメリットはたくさんあって、一つは高い依頼料を払わずに財務や税務の対策が取れる事。

また効率の良い経理に対するアドバイスも得られますし、M&Aや事業再編といった活躍が期待できます。いわば経営陣のパートナー的な存在として雇用されるケースもあるのです。

こういった役割を与えられている場合は、給与もかなり高いものとなるでしょう。

ただし税理士事務所で活躍した実績の少ない場合は、他の経理の社員と同等に扱われる事もあります。そこで会社員税理士の将来性を見抜くためには、やはり働いている企業規模と、実際にもらっている給与をチェックするのが一番分かりやすいでしょう。

また企業で働いている税理士資格をもった社員であれば、勤務時間も余裕があります。税理士事務所の繁忙期のように、半年間も忙しくなる職場ではありませんので、もっとプライベートの時間を確保できる点はメリットです。

 

税理士の年収は高いと言っても人による

税理士の方の収入は、働いている税理士事務所の規模や、営業活動をしている地域によって大きく違ってきます。

基本的には、100人以上のスタッフを雇用している様な大手の事務所の方が、数人のスタッフで営業している事務所より年収がずっと高くなる傾向にありますし、東京や大阪、福岡、名古屋といった大都市で営業している事務所の方が給与は高いです。

反対に地方の税理士事務所はクライアントからの収入が低い傾向にある為に、その分社員の給与が低くなりがちだと理解しておきましょう。

都市の方が給与は高く、地方が安いのは他の職業でも言えますが、税理士も例外ではないということです。

また、税理士は抱えているクライアントからの依頼料によって受け取る収入が変わります。能力のある税理士と、あまりクライアントを抱えていない税理士とでは年収に大きな差が出ることは覚えておきましょう。

 

そんな税理士と出会い結婚するためには?

税理士のように半年間もの繁忙期を過ごす職種は、ある意味で珍しいと言えます。特に高収入を得ている税理士の方々は、決算期や確定申告の時期になると眠る時間を削ってでも仕事を優先しなければいけません。

ですから、例え結婚願望があっても、女性と知り合うために外へ遊びに行けない人がほとんどです。もちろん、良い機会があれば結婚して家族を持ちたいと望んでいる税理士の方もたくさんいます。

そこで彼等がよく利用する婚活方法が、ネット上で気軽に出会えるマッチングアプリです。

メールと写メだけのお見合い感覚でマッチングしてくれるマッチングアプリなら、恋愛に奥手な男性でも一歩踏み出せるのでしょう。税理士の方と結婚を考えている女性の方は、税理士の方が多く登録しているアプリを見つけて、積極的に婚活をしてみてください。

マッチングアプリは無料会員から始められるのも魅力的なポイントです。特にマッチングアプリの中でも税理士との出会いが見つけやすいのはペアーズでしょう。

ペアーズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の税理士を見つけやすいです。まずはペアーズの無料会員でどんな男性税理士がいるのかプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント