マッチングアプリ

OLの年収や給料はどれくらい?OLと結婚した男性は必見!

OL(オーエル)と結婚したい男性が、OLについて知りたいことをまとめています。

「OLの年収・給料はどれくらい?」「派遣が多いってホント?」と気になることは盛りだくさんでしょう。

またOLとの出会い方や結婚する方法なども紹介しています。

意外にもOLと結婚したい男性は多いと言われています。「OLと結婚したい!」という男性は必見です。

OLとの出会いが見つかるおすすめのマッチングアプリはこちら

 

OLの年収や給料は低め

OL(オーエル)の年収や給料は、全体的に低いと言われています。

高年収と言われているのは1,000万円前後ですが、OLの年収額別の割合を見てみると800万円〜900万円は0.7%。900万円〜1,000万円は0.4%です。大企業に勤めていても、それほど高年収を得るのは難しいということです。

また手取りも15万円以下のところもあり、一人暮らしをするとなるとカツカツと言えます。東京のように物件が高い地域になるとなおさら15万円以下では一人で生活するのは難しいでしょう。

もちろん、OLの年収や給料は年齢や勤続年数によっても異なります。全体的に低いので30代でも良い給料をもらっている人は少ないと思いますが、20代だとさらに少ないと言えます。

また同じOLでも正社員と派遣社員でも年収・給料は変わってきます。もともと、OLの年収や給料が低いのは派遣が多いからとも言われています。そのため、20代だと300万円以下の年収になることも少なくないでしょう。

ただ、OLといってもさまざまですし、いろんな職種があります。ですから、同じOLでもある程度良い年収・給料をもらっている人もいるでしょう。

 

OLの平均年収は300万円程度

OL(オーエル)の平均年収は、300万円程度で、正確には279万7,000円とされています。

年代によっても違いますが、20代前半なら250万円程度とさらに低くなります。これが20代後半になると平均年収が300万円超えますので、OLは若いうちは特に給料面で苦労しやすいでしょう。

30代前半は315万円と少し上がりますが、30代後半になると300万円まで下がります。そのあとは、徐々に平均年収が下がっていく一方です。

30代前半が、OLにとってもっとも年収が高い年代と言えます。40代になると、再び年収が200万円台まで下がっています。40代になると既婚者も多く、OLというよりパートタイムで働く女性が増えるからかもしれません。

女性の場合、結婚や子育てなどでどうしても仕事を休むことになってしまいます。一度キャリアを外れてしまうと、昇進が難しいと言われているのが女性です。年齢とともに徐々に年収が下がること、なかなか年収が上がらないのはこのためでしょう。

これが専門職になると、年齢とともに年収や給料が上がる場合があります。ですから、最初からOLの年収や給料は期待しないのがベストです。

 

OLの年収は上がりにくい

先ほども述べましたが、OL(オーエル)は年収が上がりにくい傾向です。それは、結婚や子育てなどが大きく関係しています。そもそも、会社員自体給料は上がりにくいと言われており、それに加え出産や子育てでキャリアを外れてしまうと年収アップは期待できません。それが日本の会社といってしまうとそれまでですが、OL以外の職種なら復職後も年収アップが期待できますし、OLより断然年収も良くなります

ちなみに、会社員の年収や給料が上がらない理由のひとつは「会社が儲かっていない」ことが大きいと言われています。もちろん会社の状況によって異なりますが、もっとも大きい理由はここにあるでしょう。

また、安易に給料を上げてしまうと、経営難になったときに給料を下げることができないのも関係しています。これは労働契約法でも決まっており、そういったさまざまな理由でOLは年収が上がりにくいと言われているのでしょう。

結婚して仕事を辞めようと考えている女性であれば良いですが、結婚を考えていない女性や、結婚後もバリバリ働きたい女性は、何か対策をしたほうが良いかもしれません。もっとも効果的な方法は「資格」です。キャリアアップを目指すことで、OLより高年収が期待できるでしょう。

 

OLは派遣も多いため、年収は低め

OL(オーエル)には、いわゆる「派遣OL」という形態が多く見られます。派遣社員なので正社員よりも働きやすく、時間に縛られないという点がメリットです。育児との両立もしやすいでしょう。ただOLの年収や給料が低いと言われている理由は、この派遣OLが多いことも関係しています。

派遣OLが多い理由はさまざまですが、都合や希望に合わせて仕事が選択できること、いろんな職種を経験できること、時給が高いことなどが挙げられます。

派遣OLとなると手当は少なく福利厚生もほとんどないため、正社員のOLに比べるとマイナス点が増えるものの、自身のライフスタイルに合わせて働けるのです。そのために派遣OLが増え、正社員のOLが少なくなり、全体的に年収が上がりにくいのでしょう。

OLとして働くと決めたのであれば、年収や給料の低さは目を瞑るしかありません。OLでも稼ぎたい!という場合は、単純に年収や給料が高い会社を選ぶこと、資格を取得し転職することで解消されるはずです。

 

OLの手当や福利厚生はどうなっているの?

OL(オーエル)の手当や福利厚生は、会社によって異なります。

そのため、手当や福利厚生が良いところもあれば悪いところもあり、当然前者の会社を選べば働きやすいと感じるでしょう。

その中でも女性が多い会社は、出産や育児の休暇もあり、復職もしやすいと言われています。ただ休暇中に給料が出る・出ないは会社によって異なってきます。

「出産育児一時金」や「出産手当金」などがある会社なら、産休中でもある程度の金額が支給されるので安心ですが、ない場合は産休中が無収入になります。

ちなみに、出産一時金とは健康保険または国民健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月以上で出産すると支給してもらえます。1児につき42万円です。出産手当金は、社会保険に1年以上加入している方が対象になる手当です。「月給の2/3が目安」となり支給されることになるでしょう。

OLなら、やはり出産や育児をサポートしてくれる手当や福利厚生があると助かります。たとえ年収や給料が低くても、万が一休暇をもらったときに無収入にならなくて済むからです。ですから、OLとして働くなら手当や福利厚生が良いところを選ぶとメリットが増えるでしょう。

ちなみに、福利厚生には法定と法定外があります。前述した福利厚生は、法定外です。法定福利厚生はどこの会社にもついているので、すべてのOLが支給されますが、法定外福利厚生は会社によって支給されない場合もありますので注意してください。

 

そんなOLと出会い・結婚するためには?

そもそも、OL(オーエル)とはどんなところで出会えるのでしょうか?

OLは一般の女性会社員ですから、他の職種に比べると出会いやすいイメージがありますが、意外にも「出会いが少ない」と嘆いているOLは多いと言います。しかし、出会いさえあればOLと結婚することは十分可能です。

OLといっても歴史は古く、今と昔ではOLが集っている場所は異なります。20代~30代前半の「イマドキOL」なら、マッチングアプリや婚活パーティーなども人気です。また居酒屋やバーなどでも出会いやすいでしょう。マッチングアプリや婚活パーティー、居酒屋やバーなら男性でも気兼ねなく利用できるはず。

マッチングアプリ・婚活パーティーは登録するだけで簡単に出会いを探せるので、OL女子との出会いもラクラクです。居酒屋やバーのようにお酒が入った席ならくどきやすいので人気がありますが、ナンパを嫌う女性もいるので成功率は低いでしょう。

ただ「OLと出会う確率」を考えるとやはりおすすめです。他にも、合コンやお見合い、職場、社会人サークルなどでも出会いやすいと言われています。

出会いがあり相性が良ければそのままゴールインも夢ではないでしょう。ただOLは保守的な人が多いと言われているので、積極的に誘える男性でなければなかなか上手くいかないかもしれません。またOLは年収や給料が低いと言われていますが、それがカバーできる男性であれば問題ないでしょう。

男性にとってOLは付き合いやすく、結婚しやすい相手です。同じ会社員であり社会経験がありますから、無理なく付き合うことができます。結婚したいと思っているOLはとても多いですから、出会いの場さえ見つけることができればOLとの結婚も夢ではないでしょう。

OLと出会う方法として一番のおすすめはマッチングアプリです。

最近はスマホで簡単に出会いを見つけられることから、仕事の片手間に出会いを探しているOLは増えています。最近はネット婚も珍しくありませんので、積極的に出会いを探してみましょう。

特にマッチングアプリの中でもOLとの出会いが見つけやすいペアーズはおすすめです。

ペアーズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手のOLを見つけやすくなっています。

まずはペアーズの無料会員でどんなOLがいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペアーズの無料会員登録はこちら


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント