マッチングアプリ

シェフになるにはどうすればいいの?シェフになる方法をまとめてみた

ここでは、シェフになるにはどんなことをしたら良いのか、どんな道を歩んだら良いのかを説明しています。

シェフは専門職であり、当然専門学校や養成学校などを目指す必要がありますし、卒業してもすぐにシェフとして働けるわけではありません。

そもそも、シェフは「料理長」で、それ以外はコックになります。また下積み時代も経験しなければいけないため、道のりは長いでしょう。

 

シェフになるにはまずコックから

シェフになるには、「下積み」からスタートします。

そして、一人前のコックを目指すことになるでしょう。先にも述べましたが、専門学校や養成学校を卒業したからといってすぐにシェフとして活躍できません。

現場に入っても、すぐに包丁を持たせてもらうことは不可能です。個人差はありますが、シェフになるまでの期間は10年程度と言われていますから、それまでは下積み時代とコックとして働くことになるでしょう。

またイタリアンシェフやフレンチのシェフなど海外のシェフを目指す場合は留学も必要です。

できれば、10代のうちから厨房で働くなど、早いうちから料理に携わることも欠かせません。

もちろん、これらを経験しなければシェフになれないわけではありませんが、シェフになるにはまず「コックを目指す」ことが第一になるでしょう。

 

シェフになるための道

シェフになるには、道のりは決してラクではありません。一番スムーズに進めるのは専門学校や養成学校を目指すことですが、飛び込みで0からスタートすることもできます。前者の場合、早いうちからシェフになることを夢見ている人たちなので、迷わず専門学校などを目指すでしょう。専門学校で基本を学び調理免許を取得することで、少しずつシェフへの階段を昇ることができるからです。

もちろん、専門学校などを卒業してもすぐにシェフになることはできません。それは、何度も述べたようにシェフは料理長だからです。階級のなかでもトップに値するため、どれだけ専門学校などを卒業し調理師の免許を持っていても、すぐにシェフになることはできないでしょう。

 

専門学校や養成学校を目指す

シェフになるための専門学校や養成学校などは、さまざまな選択肢があります。

高校からも選択できますが、ほとんどの人は高校を卒業した後、専門学校への入学や短期大学を目指すことになるでしょう。

そして、卒業と同時に調理師の免許を取得します。

短大と専門学校の違いですが、短大は調理以外の知識を学ぶことができ、短期なので凝縮しています。そのため、短期間で効率良く学びたい人には適しているでしょう。また一般職への就職も対応しているのが短大です。

一方で専門学校は、実務的・実践的な教育を受けることができます

料理人になるために入学しますから、知識よりも実務や実践がほとんど。

学科に特化した専門授業でカリキュラムは即戦力を想定したものになります。また修業期間も、1〜4年と幅広いのが特徴です。

確実にシェフとして働きたい人は、短大よりも専門学校や養成学校のほうが卒業後の進路が限定されているのでおすすめします。

しかし、在学中に目指す道が変わるかもしれないという人は、短大がおすすめです。

 

西洋料理のカリキュラムで進学

専門学校には専門分野を学べるカリキュラムがあります。

カリキュラムの内容は西洋料理をはじめ日本料理屋中国料理などさまざまですが、シェフを目指すなら西洋料理のカリキュラムに進学するのが良いと言われています。

というのも、「シェフ」はもともと「chef de cuisine」と呼ばれ、フランス語を略した言葉だからです。日本料理を学んでから西洋料理の道に進むこともできますが、少しでも早い段階でシェフになるには、断然西洋料理のカリキュラムへ進学したほうが賢いでしょう。

学校によってカリキュラムの内容は異なりますが、たとえば「東京調理製菓専門学校」の西洋料理コースなら1年次は和洋中の基礎技術や知識などを学び、免許取得のためのカリキュラムになります。2年次からは西洋料理の専門技術を習得することになるでしょう。また現場さながらの施設でシミュレーションもでき、マネジメントスキルも高めることができます。

早くからシェフになることを目指しているのであれば、やはり専門学校や養成学校を目指し、西洋料理のカリキュラムへと進学することをおすすめします。

 

声がかかるまでコックとして働き続ける

なかには、0からお店に飛び込む人もいるでしょう。下積み時代が終わっても、シェフになるにはコックとして働くことになります。

専門学校や養成学校など、専門的知識を得ることも大切ですが、経験年数も重要になるでしょう。ですから、0から飛び込んでもシェフになることはできます。頑張って働き続けていれば、いずれ声がかかるかもしれません。

ただその道のりは決してラクなものではありませんし、シェフになるまでには最低でも10年はかかると言われています。0からスタートするということは専門学校や養成学校を卒業している人よりも大変です。

また、シェフになるには英語もしくはフランス語が読めなければいけません。読めなければメニューの理解も難しいですから、語学の勉強も必要になるでしょう。シェフになるというのはそれくらい大変だということです。

 

シェフになるために必要な資格はある?

結論からいいますと、絶対に必要な資格はありません

しかし、オーナーシェフのように独立する場合は調理師の免許が必要になります

前述したように、お店に0から飛び込んでシェフになるケースもありますから、資格がなければコックとして働けない、専門学校を卒業していなければシェフを目指すことはできないというわけではありません。

道のりは2つあり、1.専門学校・養成学校を卒業、2.厨房で経験を積む、です。実務経験が重要になるこの職業は、現場での経験によって左右されます。資格がないからと諦める必要はないですし、やる気と根気があれば時間はかかってもシェフになることができるでしょう。意外にも、夢がある職種なのです。

ただ先にも述べたように、独立する場合は調理師免許が必要になります。調理師免許は、国家資格です。試験に合格した者のみ与えられる資格で、ある程度の学歴が求められます。

専門学校などを卒業している場合は資格を取得することができますが、お店で下積みとして働いている人でも就業経験が2年以上あると受験資格を得ることができるでしょう。

ちなみに独立・開業のみの場合、調理師免許は必須ではありませんが、その代わり「食品衛生責任者」の資格が欠かせません。また調理師の格上の資格として「調理技能士」というものもあります

 

シェフに向いている人はどんな人?

どんな職業も、「適性」というものがあります。

シェフの場合、体力・探求心・センスなどの3つを兼ね備えている人が適職といえるでしょう。

「シェフに体力なんて必要なの?料理を作るだけではないの?」と思われがちですが、実際は体力が非常に求められます。シェフに筋トレやジムに通っている人が多いのもそのためです。早朝から深夜まで働きづめ、重い調理器具を扱い長時間厨房に立ち続けなければいけませんから、体力がなければ困難で、下積み時代ともなれば毎日がとにかく過酷です。体調を崩してはいられませんから、体調管理も大切でしょう。

そして、飽くなき探求心も求められます。料理は技術や知識だけでは成り立つものではありません。日進月歩、常に新しい情報を仕入れ、知識や技術を学ぶ姿勢が大切になります。好奇心旺盛で情熱を持ち続けている人ならシェフに向いているといえるでしょう。

 

独立してオーナー兼シェフになる道もある

シェフとして新たな道へ進むために、独立してオーナー兼シェフになることも可能です。いわゆるオーナーシェフと呼ばれるもので、料理人の究極の目標といっても過言ではないでしょう。

雇われシェフからオーナーになるわけですから、料理としての実力はもちろんのこと、マネジメントスキルやすべてにおいて高い能力を持ったシェフになります。

オーナーシェフを目指す人は多いですが、なかには独立してすぐに店をたたんでしまうシェフがいるのも事実です。

 

シェフになるのは簡単ではない

ひと言でまとめると、シェフになるには決して簡単な道のりではありません。

これまで説明した内容で、納得する人も多いでしょう。何せ、シェフになるには個人差はあれ約10年ほど掛かります。

10年をどこで修行するかによってシェフになれるか変わってきますし、努力し続けてもシェフになれるとは限りません。

運が良ければ10年以内にシェフになれるかもしれませんが、実力を維持しなければ後輩に抜かれてしまいます。

たとえシェフになれても、それを維持することも難しいのです。

 

シェフに転職するためにはどうすればいいの?

もしあなたがこれからシェフを目指して転職する場合はまず求人を探さなければいけません。

いきなりシェフの求人はあまりありませんが、調理師から始まる求人はたくさんあります。どんな求人があるのかを前もって知っておくのも大切です。

シェフへ転職を目指して求人探すならリクルートエージェントがおすすめです。

転職サイト最大手のリクルートエージェントでは様々な求人情報を網羅しているため、求人を多く取り扱っています。

シェフへの転職を決意した場合は、リクルートエージェントへ登録しておくようおすすめします。

シェフになりたい人におすすめの転職エージェントはこちら

 

-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント