マッチングアプリ

秘書の年収や給料はどれくらい?秘書と結婚したい方は必見!

秘書と出会いたい、結婚したい、と思っている男性が増えています。
その理由の一つはきちんとした職場で働いていてある程度の収入が見込めるという点でしょう。

結婚したいけれども悩んでいる、と言う男性の多くは自分の収入に不安があるからです。しかし秘書ならある程度の収入が見込めるという点、女性も誇りを持って働いているから結婚後も働き続ける方が多いという点、女性が多い職場だから産後も働きやすいという点など沢山のメリットがあります。

しかし秘書は本当に給与が高いのでしょうか。そしてどれくらいの給与をもらっているのでしょうか。気になる部分を調べてみました。

秘書との出会いが見つかるおすすめのマッチングアプリはこちら

 

秘書の年収や給料はボスによる

秘書の年収が気になるという人は多いでしょうが、実は秘書の年収は働く場所の上司によって大きく異なります

秘書といってもさまざまな秘書が存在し、議院秘書、役員秘書、グループ秘書など本当にさまざまです。

そのため一概に秘書の年収はこのくらいだと推測をすることが難しいのです。

秘書のお金の使い方を見てどれぐらいの年収なのかを推し量る...ぐらいしかどれぐらい給料をもらっているのか予想するのは難しいでしょう。

 

秘書の平均年収は300〜500万円ぐらい

秘書の年収は平均で300万円から500万円ほどだといわれています。

女性の全体の平均年収と比べると大幅に高いです。これは、秘書が年齢問わず働き続けられる、結婚した後や子供を産んだ後でも働きやすいという点から来ていることです。多くの方が働いていて40代50代でも活躍している現場です。

しかし働き始めの時点では給与は決して高くありません。
秘書は見習いの場合はあまり戦力として役に立ちません。もちろんある程度のスキルがなければ採用はされませんが、見習い秘書のうちは年収が250万から300万程度の人がほとんどです。20代の秘書はそこまで給与をもらっていないことが多いでしょう。

もちろんスキルを磨き秘書としての経験地をつけていれば、どんどん給与を上げることが出来ます。

 

年収1,000万円を超える秘書はどんな人?

秘書の平均年収は300から500万円程度ですが、中には年収1000万円を超える秘書もいます

たとえば議員秘書、社長秘書、外資系秘書です。
これらの秘書は普通の秘書に比べると必要なスキルが圧倒的に高く、また変わりが聞かない仕事なのでとても高い給与をもらうことが出来ます。

議員秘書は必ずしも1000万円の年収を超えると言うわけではありませんが有名議員の秘書ともなると多くの方が1000万円以上の給与をもらっているそうです。スキルが高く仕事内容も多く、さまざまな仕事をこなせなければいけないからでしょう。

ちなみに一般的な私設秘書は議員秘書でも平均的な給与をもらっている方がほとんどです。

役員秘書の仲でも社長秘書の場合は、年収800万円以上をもらっている方が多いです。しかし社長秘書をつけるとなるとある程度の大手企業ということになります。大手企業のブランドもかねての給与なのでしょう。
一般企業の社長秘書や、役員秘書の場合は、年収が1000万円を超えることはあまりありません。もちろん年齢が若い場合も難しいでしょう。

外資系企業の秘書は、一般的な秘書スキルのほかに英会話スキルも必要となります。特に普通の会話だけではなくビジネス英語も堪能でなければ意味がありません。だからこそ、一般の秘書よりも給与が高くなるのでしょう。

 

秘書の年収は勤務先で変わる

秘書と一言にいってもさまざまな秘書がいます。
自分がどの立場でどんな相手の秘書なのか、どこに勤務をしているのか、どんなスキルを持っているかによっても変わってきます

秘書に必要な資格はいくつかありますが、資格よりも秘書自体のスキルが大きく関わっています

どれぐらい仕事のできる秘書なのかどうかを見れば、だいたいの年収を予想できるでしょう。

また秘書は一人ではなく、複数で働いていることもありますので、数多くいる秘書の中でどのような立ち位置であるかを見れば、高い給料をもらっているのか分かります。

しかし女性の多い仕事の中でも、これだけスキルアップの可能性を秘めた職業はなかなかありません。だからこそ、秘書は女性の中でもおすすめしたい仕事なのです。

 

 

秘書の手当や福利厚生はどうなっているの?

秘書の福利厚生は決して悪くはありません。
なぜなら秘書はきちんとした職場で働く会社員であり、秘書を必要とする職場はある程度の環境が保証されているからです。

そのため、各種保険完備のところがほとんどでしょう。他にも住宅手当や交通費、ボーナスが支給されるところがほとんどです。
ただし、秘書は上司のスケジュールに合わせて動かなければいけません。そのため残業時間が長く、有給休暇が希望通りに取れない場合もあります。もちろんその分給与が高くなる場合がほとんどですが、シフト通りに働けない場合が多いです。

また休日でも仕事で呼び出される可能性もあります。こういった部分の待遇はあまり良くないのかもしれません。

最近は派遣として働く秘書も増えてきています。
派遣社員の場合は秘書でも1500円から2000円の時給が平均となっています。一般的な派遣社員よりも少し高めの時給のところが多いです。
ただし、秘書経験者、社会人数年以上の方などの条件がある場合がほとんどです。

また、派遣の秘書として働く場合は手当てや福利厚生は全て派遣会社の管轄となります。全く同じ職場で働く秘書でも、派遣元が変わると福利厚生なども変わってくるので、派遣秘書として働く場合は派遣会社についてもしっかりと調べておくようにしましょう。

 

男女で秘書の年収は変わる?

実は秘書は男女間ではそこまで年収に差がありません。
転職サイトのアンケート結果によると、団生保所の平均年収は350万円、女性秘書は340万円という結果になりました。男性のほうが若干高くなってはいますが、そこまで大きな差はないでしょう。

この差は、女性のほうが非正規が多い、若くして辞める人が多い、という点からだといわれています、
最近は派遣やパートの秘書も増えつつあります。男性よりも女性のほうが、派遣やパートとして働く方が多いのでしょう。

また、結婚や出産をきっかけに退職をする人も多いのが事実です。もちろん産後働いたとしても、最初のうちは時短勤務で働く場合も多いです。このような違いから、男性のほうが若干給与が高くなる傾向にあります。

同じ企業で秘書として働く場合は、男女ともに給与の差はほとんどないはずです。

なぜ秘書が女性のイメージが強いのかと言うと、やはり女性のほうが印象が強い、向いている職業だからです。
秘書は決め細やかな気配りが必要であり、こまごまとした仕事も多いです。そのため、どちらかというと女性のほうが適正があります。また、お客様への対応や気配りをするときは女性のほうが印象が良い、相手側が嬉しく思う、という先入観もあるのでしょう。

もちろん秘書をつけるのは男性上司が多いため、女性のほうが嬉しいという部分もあるかと思います。

男性でも気遣いが出来る几帳面な方が多いので男性秘書も決して珍しくはありませんが、やはり絶対数は女性のほうが多い職業です。

 

そんな秘書と出会い・結婚するためには?

秘書はなかなか出会いのない職場です。秘書課には女性しかいない場合が多いですし、上司は既婚の方が多いため恋愛に発展することはありません。
もちろん別の部署の男性と出会い恋愛に発展する場合もありますが、基本的には年配男性とのみ接する仕事なのでなかなか出会う機会も少ないでしょう。

仕事柄沢山の方と接することもあるでしょうが、秘書という立場から個人的に関わることも出来ません。だからこそ、普通に働いていて秘書と出会い結婚ということは少ないです。

そんな秘書と出会うためには、やはり出会いの場に出向く必要があります。
秘書は女性ばかりの職場なので、うかうかしていると婚期を逃してしまいがちです。だからこそ、婚活を始める秘書が増えています。

探してみると、意外と多くの秘書が結婚活動を行っているのかも知れません。

そして、秘書と結婚をするためには結婚したいと思っている秘書と出会う必要があります
マッチングアプリなどを通して秘書と出会うことが出来ればきっと、秘書と結婚が近づくはずです。しかし出会うだけではいけません。

秘書は常に仕事の出来る上司を見ているため、男性へのハードルが高くなりがちです。また、わがままな上司の相手をしていて疲れている女性も多いでしょう。

だからこそ、日ごろから癒してあげる、仕事の愚痴を聞いてあげる、自分のことは自分でやるなどアピールをすることが大切です。仕事に誇りを持っている秘書だからこそ、結婚後も仕事も家庭も両立して頑張ってくれるはずです。

もしなかなか秘書と出会えないという場合は、大手のマッチングアプリに登録をするとユーザー数も多いので秘書と出会える確率も高くなります。

特にマッチングアプリの中でも秘書との出会いが見つけやすいのはペア―ズです。

ペア―ズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の秘書を見つけやすくなっています。

まずはペア―ズの無料会員でどんな秘書の異性がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペア―ズの無料会員登録はこちら

 


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント