マッチングアプリ

弁護士の年収や給料はどれくらい?弁護士と結婚したい女性は必見!

「弁護士ってどれぐらい年収もらっているの?」

結婚相手として人気のある弁護士。高収入な職業としても有名です。

ただ弁護士が年収や給料はどれぐらいもらっているのか、具体的には知らないのではないでしょうか?

弁護士は高収入といっても、人によって金額の差は大きいです。そこで今回は弁護士の年収や給料について細かくまとめてみました。

高年収の弁護士との出会いが見つかるおすすめのマッチングサイトはこちら

 

弁護士の年収や給料は高いの?

近年では、以前と比べると弁護士の数が増えているため、弁護士の資格を持っていれば必ず高給を稼げるというわけではなくなってきました

しかしそれでも、一般的なサラリーマンと比較すると弁護士の年収は高いですね。

弁護士と言っても、国家資格を取得したばかりの新人もいれば、知名度が高い敏腕のベテラン弁護士もいるため、弁護士というお仕事でも経験値やスキル、勤務先など様々な要素によってお給料や年収は異なります。

また、専門分野によっても収入には大きく影響してくるでしょう。必ずしも高収入というわけではなくても、やはりサラリーマンよりは稼ぐことが得切る職業なのです。

 

弁護士の平均年収は約1,000万円

弁護士と言っても新人とベテランとでは当然ですが年収は異なります。

それはサラリーマンでも同じことですが、弁護士というお仕事をしている人全体の平均年収を見ると、そのお仕事が果たして高収入なのかどうかを予測することができますね。

弁護士の場合、その年によって平均収入は異なりますが、2018年現在では平均年収は1094万円となっています。過去には、平均年収が650万円程度に落ち込んだ年もありましたが、近年では大体年収が1000万円~1200万円程度が平均になることが多いようです。もちろんこの数字はあくまでも平均なので、弁護士なら必ずこの年収を稼げるというわけではありません。

こうした平均は、一部の高収入な弁護士が釣り上げていると言われています。実際には、弁護士資格を持っている人の約40%程度は、年収は1000万円以下で、中には年収が500万円以下の人も少なくありません。

しかし一方で、企業の顧問弁護士をしていたり、国選弁護人としての業務を行うことで収入が入るなど、いろいろな所から収入を得て高額所得を稼いでいる人もいます。弁護士というお仕事の平均収入が1000万円以上になるのはそのためなのかもしれませんね。

ちなみに平均的な月収は、約85万円程度となります。時給で働くフリーランスの弁護士などの場合には、時給の平均が4700円程度なのでかなり高時給なお仕事ができるでしょう。いろいろな職業がありますが、弁護士のこの年収の高さは、医師に次いで2位の職業となっています。

弁護士には男性もいれば女性もいます。男性だから働きやすいとか、女性だから働きにくいということはありませんが、勤務時間がとても長く激務になることが多い職業のため、女性の弁護士はプライベート優先で働く人は多いですね。そのためでしょうか、男性と女性の平均年収を見ると、男性の場合には平均1160万円なのに対し、女性は770万円と低めになっています。

 

弁護士の年収は就職先の法律事務所で変わる

弁護士のお仕事は、どこでどんな風に働くかによって大きく異なります。弁護士として働くためには国家資格は必要ですが、国家資格を持っているからと言って必ずしも高収入を稼ぐことができるというわけではありません

一般のサラリーマンにも言えることですが、大企業の方が年収は高い傾向にありますし、中小企業だと年収はどうしても低めになってしまうことが多いですね。

例えば、企業からの案件がたくさん入ってくる大規模な法律事務所の場合だと、普段から複数の案件を掛け持ちしながら激務をこなすことが多くなりますが、弁護士としての経験値やスキルを高めることが出来ますし、案件自体の報酬が高額なために、弁護士のお給料にも反映されやすくなります。

一方で、自営業で離婚問題などを取り扱っている弁護士の場合には、一つ一つの案件は高額ではありませんし、一人で抱えられる案件にも限度がありますから、どうしても収入という点では低くなるでしょう。

しかし、年収がそれほど高くないからやりがいもないというわけではなく、一人一人の依頼人と信頼関係を築きながら弁護に当たるため、勝訴した時には大きな満足感や達成感を得られるというメリットもあります。

 

国税庁の調べによると弁護士の年収は減り続けている

弁護士の平均収入は、毎年大きく変動しています。例えば平成22年には平均収入は1280万円とかなり高かったのですが、翌年には670万円にまで下がっています。

弁護士のお仕事は、抱える案件によって報酬が異なるため、高額案件が少ないとどうしても年収も少なくなってしまうわけですね。また、これから先、様々な要因によって弁護士の年収は少なくなる傾向にあることが予想されています。どのような要因があるのかご紹介しましょう。

まず1つ目には、弁護士の数が増えるという点があります。弁護士の数が増えることによって就職が難しくなり、資格を持っていても弁護士の仕事だけでは食べていけない人が増えると言われているのです。

2つ目は、この業界自体がすでに成熟期を迎えているため、今後少しずつ規模が小さくなることが考えられます。しかし一方で、グローバル化が進むことによって企業合併などに関する弁護士のニーズが高まるという考え方もあるため、必ずしも弁護士にとって働きづらい将来になるとは言えません。

3つ目には、弁護士の専門家が進むため、ニーズが高い分野とそうでない分野がはっきりし、ニーズが少ない分野の弁護士は収入が激減することが懸念されています。また現在でも、高額報酬の分野とそうでない分野の二極化が進んでいるため、今後はそうした差はますます広がってしまうかもしれませんね。

4つ目には、弁護士業界においても業務の効率化が進むため、これまで弁護士が手作業で行っていたり足を使って収集していた情報などが素早く入手しやすくなり、少数で案件を担当できるようになるという点も挙げられます。弁護士というお仕事がなくなる心配はありませんが、数が多くなりすぎることによって収入面でマイナスの影響を受けてしまう人が出てくるのかもしれません。

 

弁護士の年収はピンからキリまである

弁護士の年収はピンキリです。平均は1000万円でとても高いのですが、全体の4割近くは年収1000万円未満ですし、その中には年収500万円未満で働く弁護士もいます。その一方で、企業顧問や役員などを務めて高収入を得ている人もいるため、この平均年収の高さは、一部の高額所得者が釣り上げていると考えることができます。

弁護士の収入は、働く職場によってもピンキリです。たくさんの弁護士を抱えている事務所は高額な企業案件を取り扱うことが多いので収入面は高めですし、企業の案件を専門に取り扱う事務所や医療裁判を取り扱うことが多い事務所などもまた、そこで働く弁護士の年収は高めですね。

弁護士だから年収が高いというわけではありませんので、高収入の弁護士を狙うなら勤務場所に注意すべきでしょう。

ただ年収が低い方の弁護士でもそれなりに生活できるほど稼いでる人が多いです。あまり高年収の弁護士を望まないのであれば、さほど年収は気にする必要はないといっても良いでしょう。

 

年収の高い弁護士と出会い・結婚するためには?

弁護士と出会って結婚するためには、まずは弁護士と出会えるキッカケを模索しなければいけません。

ただ家の中で「弁護士と結婚したいな」と考えていても実現することは難しいでしょうし、日常生活の中で複数の弁護士と関わる機会がない人にとっては、結婚相手に弁護士を選ぶということは現実的ではありませんよね。

結婚するためには二人が出会わなければいけないわけですから、まずはどこに行けば弁護士に出会えるのかを考えなければいけないのです。出会うと言っても、仕事中の弁護士と出会っても恋愛に発展する可能性は極めて低いので、弁護士のプライベートな時間に出会うことが大切です。

弁護士と出会う方法はいくつかあります。まず1つ目は、弁護士が多く勤めている法律事務所で働くとか、すぐそばのオフィスビルなどで働いて、偶然の出会いを狙うという方法です。弁護士だって人間ですから、コンビニに行ったりすることはあるでしょうし、ランチタイムには職場のそばで同僚と食事をするでしょう。そうした偶然のタイミングを装うことによって、素敵な出会いを演出できます。

2つ目は、弁護士が多く利用している結婚相談所などの婚活サービスを利用するという方法です。こうした結婚相談所は、結婚する意志がある人しか登録していないので、意気投合してお付き合いがスタートすれば、その先には結婚というゴールが確実に見えるというメリットがあります。それに、弁護士が多く登録している相談所なら、素敵な弁護士に出会える可能性は高いですよね。日常生活の中で素敵な男性に出会いたいな、しかもその男性が弁護士だったら良いなと期待するよりも、自分から積極的に弁護士の男性がたくさん婚活をしている相談所を利用したほうが、効率的に素敵な人をゲットできるのではないでしょうか。

また、素敵な弁護士をゲットしたら、甘え上手になっても、相手に頼りっぱなしで一人では何もできないというのは控えたほうが良いかもしれません。なぜなら、激務である弁護士は、自分がいない時に家庭をしっかり守ってくれる女性を望んでいるからです。自分が父親のようにあれもこれもしなくてはならないのでは、疲れてしまいそうですよね。彼の忙しさもすべて受け入れるという姿勢がおすすめですよ。

弁護士と出会える婚活サービスはたくさんありますが、一番おすすめなのはネット上で弁護士との出会いを見つけられるマッチングサイトです。

マッチングサイトなら家にいながら、男性弁護士との出会いを見つけられます。

また仕事で多忙な弁護士からしても、マッチングサイトはスマホがあれば出会いを探せるぶん、利用している人も多いです。

特にマッチングサイトの中でも弁護士との出会いが見つけやすいのはペアーズでしょう。

ペアーズは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の弁護士を見つけやすいです。

まずはペアーズの無料会員でどんな男性弁護士がいるのかプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ペアーズの無料会員登録はこちら


-マッチングアプリ

© 2022 mgramコンサルタント