• エムグラムを仕事・転職で活用する

    エムグラム診断を使うと、自分の基本的な性格を知るだけでなく、最適な職場を見つけたりや仕事へと活かすことができます。例えば、自分が一番合っている仕事を調べたり、上司・同僚の特性を把握して、自分が一番最適な場所で働けるようになるために役立ちます。また、転職や就職活動にあたって客観的に見られた自分を元に自己分析をすることもできます。自分を一番知ることで自分の仕事に対する適性を見極めることが可能ですよ。

  • 性格診断の活用1:向いてる仕事の傾向を知る

    性格診断でわかる基本的な性格をもとに、自分の向いている仕事の傾向を知ることができます。例えばひとりの作業が好きでコツコツと努力をすることに適性があると判明すれば、ルーチンワークが中心の仕事を選ぶと良いでしょう。コミュニケーション能力に長けており、気配りが得意だと判明すれば、接客業の適性があると考えられます。また新しい挑戦に果敢に挑む性格で、インスピレーションも働くとわかったときには、企画職でその能力が発揮されるかもしれません。自分の性格を正しく把握することが、向いている仕事を見つける第一歩になります。

  • 性格診断の活用2:転職先を絞れる

    あなたが今の仕事に不満を感じているとき、性格診断の結果が転職先を絞る参考になります。まずは現在の職場のどのような点が、あなたの性格特徴と合わなかったのかを考えてみましょう。何が嫌だと感じたのかがわかれば、どのような環境の職場が望ましいかを導き出すことができます。また、社風や評価されるポイントが、あなたの性格特徴に適しているかが大切です。自分にとって仕事がしやすく、なおかつ働きぶりが認められやすい環境であれば理想的でしょう。人生における仕事の満足度が高まります。

  • 性格診断の活用3:相性を調べる

    性格診断を使って、一緒に働く仲間や、業務上で関わる人々との相性を調べることができます。お互いの意見がぶつかりにくいと居心地良く感じやすいため、自分と性格の特徴が近い相手とは相性が良いと考えられます。すなわち、あなたがどんなに素敵な性格特徴を持っていたとしても、周囲の人たちとあまりにも異なる特性を持っている場合には浮いてしまう可能性があるいうことです。仕事においても人間関係は大切で、業務に大きく影響するケースもあるため、うまく足並みをそろえられるに越したことはありません。自分で自分と他者との違いをしっかり認知しておけば、特異的な部分を前面に出すことを控えたり、足りていない部分を意識的に補ったりといった対応をとることができるようになります。

  • 性格診断の活用4:上司・部下と

    上司・部下とより良い関係を構築したいと思ったときに、性格診断を使ってそのヒントを得ることができます。上司とうまく付き合っていくために、自分の性格の長所となる部分を把握しておきましょう。評価されやすいポイントはそれぞれ異なるので、どの能力をアピールするべきなのかを理解しておくと役立ちます。部下に対しては、特に接し方で注意するべき点があるかを知っておくことが大切です。あなたに少し威圧的に感じられてしまう特性や、言葉がきつく感じられてしまう特性があった場合は意識して和らげましょう。また、あなたが安心感を与えられたり、人の感情に寄り添うことが得意な性格をしていた場合には、部下の育成に大いに役立てられます。他者に接する上での強みと弱みを知っておきましょう。

  • 性格診断の活用5:コミュニケーションの取り方

    性格診断を使って、職場でより良いコミュニケーションを図るためにはどうしたら良いかを考えることができます。あなたが周囲からどのように見られているのか、どんな印象を与えやすいのかが自覚できるため、職場でどのように振舞っていくかという指針が定まるでしょう。特徴を正しく理解すれば、長所を伸ばすか、短所を変えていくかという判断がつくようにもなります。コミュニケーションの取り方のクセがわかれば、より好感度を高める方法が見つかり、人間関係が円満になるはずです。

  • 性格診断の活用6:自分だけが持っている才能を生かす

    性格診断によってあなたの性格特徴が浮き彫りになったとき、自分だけが持つ才能についても明確になります。他の人にはない、あなただけの優れた才能を生かすことができれば、仕事で目覚ましい躍進を遂げることへと通じるでしょう。現在何となく把握しているものを強く認知できる場合もありますし、自分では気づいていなかった才能を発見できる可能性もあります。性格診断を受けて意識し始めたことで、眠っていた才能が開花すれば、あなたに新たなる道が開けるかもしれません。

  • 性格診断の活用7:仕事面の成長を感じる

    性格診断を定期的に受けなおすことで、自分にどのような変化があったかを認識するツールとして用いることができます。例えば以前よりもロジカルな考え方ができるようになっていたり、行動力が増していたりしたときに、自分の成長を実感できるでしょう。あるいは平和主義者になっていたり、安定を求める気持ちが強くなっていたりということまでわかります。それもあなたが経験を積んだ結果であり、成長の一つの形です。どうしてそのような変化が起きたのかを考えてみると、今までより進歩しているところがより明らかになるでしょう。自分の成長を実感して、更なる精進を目指していけるはずです。

 診断トップに戻る